title
TOP / Wiki / Diary / Profile / PC / BBS / Mail
わたしの日記は日々の出来事の鬱憤晴らしの毒だし日記がメインです。 相当病んでいます。くだを巻いています。許容出来る方のみのアクセスをお願いします。 また、この日記へのリンクは原則自由にして頂いても結構ですが、 写真への直リンクを張るのはご遠慮下さい。内容に関しては、一切保証致しません。
カテゴリ一覧 Network, Internet, IPv6, DC, NTT, Comp, Linux, Debian, FreeBSD, Windows, Server, Security, IRC, 大学, Neta, spam, , 生活, 遊び, Drive, TV, 仕事,
過去日記:



2016年04月16日() [晴れ]

[] 4/15オープン! 西荻窪 肉寿司

病院の帰り通りがかって気になっていたので、立ち寄ってみました!
オープン前の4/8の段階ではこんな感じ。
外観は昨年7/25に閉店した常盤屋(ときわや)牛肉店の跡地。
外観の改装はしていないようで、名前はそのまま残っています。


ちらしには、4月15日(金)オープン、ビール10円!

チラシのスキャンはこちら。


てことで、病院の帰りに訪問。
お花すごい。
まずは店内に入ると、まだ、新人さんたちをびしばしと、入り口で指示ややり方を教えており、その現場目の前の入り口で数分待たされました。 どうやら食洗機の使い方やタイミングなどを教えているようでしたが、客から見えるところで、入り口通路からやるのは非常にマイナス点。こういうのは見えないところでやりましょう。まずは接客面でマイナス。

しばらく待たされた後、1階カウンターに案内されました。


カウンターについてメニューを見ようとすると、スタッフの方が、見方を説明。
最初はメニューになってるけど、後ろは本になってるので、待ち時間にでも読んでねってこと。


メニューを眺めると、飛行機マークが。これはすぐに提供可能なメニューだとのこと。


そして、お箸です。おみくじになってるので好きなものを選んでねってことで適当に。
結果中吉でしたw



悩んだ結果、寿の足音盛り合わせ(2貫4種)とサービスのさしとろ(本日は半額での提供)を注文。
10分程度待ったら出てきました!


さあ、順番に説明するよ〜!

赤身


ハラミ


昆布〆鶏


海苔巻き。これはメニューにないらしい。

昆布〆鶏および海苔巻きは味が付いてるのでそのままいただいてねってこと。
海苔巻きの感想は、韓国海苔巻き(韓国では普通に食べる巻き寿司みたいなもの)に近く、さくっとそぼろがおいしい。

いただいた中では、赤身とハラミを食べて肉寿司を食べたという感じ。


しばらくしてさしとろ登場。
バーナーで表面をあぶっていただきますが、脂すんごい。

みよ、このてかり。


シャリ小さいっ!


脂たっぷりの霜降りで、ちょっと脂が気持ち悪くなるレベル。いやー、これはちょっときつい。年寄りには。
これ、レモンとかあるといいかもね。


追加オーダーのタン。


タンは食感をぎりぎり楽しめる程度。もう少し厚い方がよい。単価決して安くないんだから、もう少し厚めでお願いしたいな。

おいしかった〜。個人的には赤身がよかったかな〜。
あと、細ネギは乾燥してたので、事前準備するのはいいけど、時間たちすぎているのはマイナス。
接客面でもマイナス。ま、二日目だし、これからがんばって改善してくださいね。近くだからちょくちょくと立ち寄らせていただきましょう。~次は、せせり、ローストビーフ、ネギトロ、中落ちを胃ただkちたいですね。

西荻窪 肉寿司
03-5370-2525 東京都杉並区西荻南3丁目9-5
火〜日 15:00〜23:00

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2016年04月17日() [晴れ]

[Security][Neta] Facebookの情報漏洩の結果、悪用可能な状態に

すでにご存じな人もいるでしょうし、オレオレ詐欺などでも十分使用されるネタなのですが、Facebookの検索機能についてご存じでしょうか。

SMS認証を前提としている仕組みが糞食らえだと思うのですが、逆に個人情報収集のよいツールになっているのです。
ちなみに、私はキャリア電話を数年前に捨ててPHSに絞り、二度とつかわねえと以前解約した携帯電話、ハゲの会社に買収され、また戻ってきてしまったという悲い出来事。今となってはSMS認証を前提とするソーシャルが多いことから、私はアカウントすら作る権利がありませんwひゃっはーww なので、LINEとか、使えないのです。かといって、LINEが使いたいからといって、悪質なスパイウェア並のアプリを入れたいとも思わないし、連携でFacebook認証をしたいとも思わないし。 (LINEの場合、アカウントを作ろうとして認証した瞬間、アドレス帳をインポートして、電話番号を登録しているユーザーにアカウントを作ったという通知が行くとか誰かかいてたな。それこそプライバシーの侵害だ)

でだ、SMS認証をすることを前提とし、かつアドレス帳を抜き取り、知り合いかもに表示する仕組みがあるのをご存じだろうか。ここで、でたらめな番号をアドレス帳に入れておくのもよいけど、もっと手っ取り早い方法を紹介する。

それは、電話番号を検索するってこと。
そうすると、SMS認証した番号で検索からした場合、番号の持ち主と名前が誰でもわかるっていう仕組み。
一応、ここは、プライバシーの設定で、「私を検索できる人」の項目を適切に設定すれば、一応防ぐことは可能らしい。
番号を検索することで、知り合いにたどり着けるとい利便性の向上という表向きの顔があるだろうが、
私から見たら、不当に収集した番号を検索することにより、個人情報を表示するサービスといっても過言ではない。

公開範囲を適切に設定してるのは全体からしてわずかだと想定されることから、 適当に入力するとあっさりヒットする。
番号の組み合わせ(実在するパターン)は、後述する総務省の電気通信番号指定状況の割り当て一覧から見ればよい。

試してみるとこのような感じ。

Facebookで公開されたコンテンツや名前などからリストを作成し、オレオレ詐欺や○○さんといって、脅迫電話なども可能になるのではないか。悪質な使い方をするための情報収集手段として、ターゲット(獲物)を探すのには格好のツールとなりそうだ。
ということで、こうやって調べて、 名前と番号のリストを作成すれば、大規模な名簿の作成が可能である。
また、プロフィールから在住してる場所や出身がわかることも多いし、コンテンツから活動エリアもわかるだろう。
そもそも論として、電話番号とネットのアプリケーションを紐付けるのは反対だ。
私はSMSを出来る環境を一切持ってないので、どうでもいいが、それを前提とされた場合、必要に応じてアカウントを作成せざる得ない場合にはあきらめるしかない。
つーか、そういう状況が本当に糞だ。
複数アカウントを持たせたくないというのであれば、他の方法を考えるのが筋だろう。そもそも、SMSなんて、認証に使う意味が果たしてあるのか。
先日、 とあるサービスでアカウントを作成した際、SMS認証を要求され、SMS出来る環境がないので、でたらめの番号を何度も入力してみた。何十回と間違えても問題ないようなので、簡単にSMSスパムが可能だ。深夜に実施すると、嫌がらせも可能だ。

ちなみに、今は、J-Phoneなどはvodafoneを経てソフトバンクになっており全国一律になっているが、以前の情報を持っている場合は、キャリア情報だけではなく、地域なども判別可能となっている。 *1

総務省:電気通信番号指定状況

ということで、こうやって調べて、名前と番号のリストを作成すれば、大規模な名簿の作成が可能である。 また、プロフィールから在住してる場所や出身がわかることも多いし、コンテンツから活動エリアもわかるだろう。
そもそも論として、電話番号とネットのアプリケーションを紐付けるのは反対だ。
私はSMSを出来る環境を一切持ってないので、どうでもいいが、それを前提とされた場合、必要に応じてアカウントを作成せざる得ない場合にはあきらめるしかない。つーか、そういう状況が本当に糞だ。


*1: ナンバーポータビリティーを使うと、事業者間を移転出来るため、必ずしもではないが、初期に契約した地域は特定可能。また、引っ越しした場合も同様であるし、それだけ長いこと番号を使い続けてる人も多いわけではないのであくまでも参考に。
[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2016年04月19日(火) [晴れ]

[Comp][Unix] ASCII Dowango 藤田昭人 Unix考古学 Truth of the Legend

この本、私が関わっておりまして、昨年の10月頃かな、学生の頃の意地悪でたくさんお世話になった先輩に呼び出され、「おいしいもの食べさせてあげるから、ちょっとおいで。」と。某ビルで打ち合わせ。そして、この本を手伝ってくれってことで、お手伝いすることになりました。
そんなわけで、とても豪華な肉の写真があったりと、いろいろとドワンゴ様にも先輩にもごちそうになったのです。
この本の読者のターゲットは、80年代、90年代の世代の人で、コンピュータの歴史を目の当たりにしてない人たち、そして、今の歴史を知らない人たちに読んでほしいということから、ちょうど私に声がかかったようです。
この書籍では、私のことをリアルにいじられていることも書いてあります。。。ったく。。
んで、4月19日の午後に本が刷り上がり印刷所からあがってきたようです。刷り上がったよと一報もらって、受け取ったのはその5分後。さすが同じ場所にいるだけありますね。近い。そしたら、藤田さんが、「ムカツク、、、」と。そりゃそうでしょうね(^^;;)



前書きに、よこたんこと、横田真俊さん前書き担当です。

今回お手伝いをさせてもらい、感じたのは、だって、「私、生まれてないし、そういう歴史って、聞くこともないし、そもそも情報のソースがあまりないので、これ本当なの?って調べながら読むのって大変。」ということで、ものすごく時間がかかりました。元々はUnixUserの再編であったり、新しく執筆された部分などもあり、UnixUserを当時読まれていた方も改めて手に取ってみるとよいと思います。懐かしい!っていう人もいらっしゃると思いますので、価値のある一冊にしあがっているとおもいます。あ、新入社員などの研修用の本にしてもよいですよ!

目次はこんな感じ。

第1章 プロローグ:Multics

1.1 Multicsの開発 ― Unix 誕生の契機
1.2 Project Whirlwind
1.3 ARPA
1.4 Multics

第2章 PDP-7 Unix

2.1 Ken ThompsonとDennis Ritchie
2.2 Multics Project 撤退直後の混乱
2.3 開発用コンピュータの調達
2.4 Space Travel
2.5 PDP-7 Unix
2.6 TMG
2.7 Programming Language B

第3章 First Edition Unix(Version 1 Unix)

3.1 私のグループ
3.2 起死回生の妙案
3.3 PDP-11
3.4 QED - Ken Thompson のバックキャリア
3.5 roff
3.6 First Edition Unix(Version 1 Unix)

第4章 Third Edition Unix(Version 3 Unix)

4.1 Small is Beautiful
4.2 1972-1973の状況
4.3 C 言語の開発

第5章 デビュー

5.1 学会発表
5.2 BBNのLISP研究
5.3 PDP-10の登場
5.4 デマンドページングによる仮想記憶
5.5 TENEXの人気
5.6 TENEXの評価

第6章 Programmer's Workbench

6.1 Fourth Edition Unix
6.2 1974 年から1975 年の状況
6.3 Programmer’s Workbench

第7章 Seventh Edition Unix(Version 7 Unix)

7.1 新たなスタンダード
7.2 Portable C Compiler(PCC)
7.3 Unixカーネルのポータビリティ
7.4 Interdata 8/32
7.5 Seventh Edition Unixの意義

第8章 Unix at Berkeley

8.1 Unixのサポート
8.2 UCBでのUnixの導入
8.3 PostgreSQLの祖先Ingres
8.4 そのころのUnixは?
8.5 50 Bugs

第9章 Berkeley Software Distribution

9.1 Unix 互換OS
9.2 Pascal: モダンなプログラミング言語
9.3 Pascal 誕生
9.4 UNIX Pascal System
9.5 Editor for Mortals

第10章 UNIX 32/V

10.1 BSTJ UNIX特集号
10.2 VAX-11/780への移植

第11章 Third Berkeley Software Distribution(3BSD)

11.1 Richard FatemanとMacsyma
11.2 仮想記憶機能のサポート
11.3 Third Berkeley Software Distribution(3BSD)

第12章 ARPANET

12.1 ARPANET (1) - コミュニケーションデバイスとしてのコンピュータ
12.2 1969年のアメリカ社会の情勢
12.3 ARPANET (2) - インターネット前史
12.4 DARPAと4BSD

第13章 4BSD

13.1 DARPAからの支援
13.2 4BSD
13.3 4BSDのパフォーマンスチューニング
13.4 4.1BSD

第14章 4.2BSD/4.3BSD

14.1 4.2BSD
14.2 4.3BSD

第15章 ワークステーションのコンセプト

15.1 コンピュータのパラダイム
15.2 パーソナルコンピュータのコンセプト

第16章AT&TとUnixライセンス

16.1 オープンソースの文化
16.2 巨大企業AT&T
16.3 独占禁止法訴訟とUnixライセンス

第17章 Unix Wars

17.1 第1ラウンド:SystemV vs. BSD
17.2 第2ラウンド:UI vs. OSF
17.3 Unix Warsの最期

第18章 エピローグ

18.1 4.3BSD Tahoe
18.2 4.3BSD Reno
18.3 4.4BSD

付録A Unix 関連のトピック
[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2016年04月20日(水) [晴れ]

[][] こはく@東海村

今年の1月下旬にラリーの走行会と新年会をかねて、東海村にお邪魔しました。
その後、4月上旬にもラリーの走行会で東海村に訪れたとき、二度目の訪問。
ということで、今回は2本立ての日記です。

最初東海村を訪れたとき、ランチはなににしようかな〜?とおもって自然薯が食べたい!とおもい探したお店が、こはく。 自然薯は、鉄腕ダッシュや青空レストランをみて、食べたいと思っていた食材の一つ。
今回念願の自然薯をいただくことができました。
食べログなど全然情報がなくて、 個人ブログが引っかかる程度。
まあ、小鉢も豊富だし、入ってみるかな〜?とおもい訪問。



入店時刻はお昼前。店内に入ったがお客さんは誰一人おらず、実は地雷店?と思い、メニューを広げてみると、あっちゃー、とっても高い。


入り口にあったランチメニューもメニュー表になくて....
ランチメニューって何だっけ。。地雷かも。。とおもい尋ねてみたら、日替わりメニューをおいてなかっただけでちゃんとあったようです。
私は目的の自然薯のランチをいただきたかったので注文。

しばらく待つことの十数分。20分近かった気も。



しっかりした御膳。ああ、実はあたりかもっ!?と実物を見て感じました。
ご飯は多めに!っていったら多めにしてくれました。


自然薯
濃厚。ああ、ねばねば混ぜたくなる。


刺身


小鉢


刺身も新鮮で、小鉢も田舎の味という感じでほっとします。
さて、自然薯でねばねば遊びモードに入ってしまい...`
ぐるぐるぐるぐる。


つかんでみて〜♪


どろーん♪


実はこれ、出汁をいれてのばしているのでかなり柔らかくなってるけど、出汁を入れる前はもっとねばねばなんだよと女将さんが教えてくれました。
その状態のものを食べてみたいです。醤油とわさびでご飯にのせて食べるととってもおいしそう。
自然薯は、 じねんじょうんちくによると、「日本原産の野生種で、「自然生」などと呼ぶこともあるようです。その名の通り、自然に生え、山野に自生している貴重な品です。」ということで、自然に自生した山芋ともいえるそうですが、「ナガイモと自然薯はとろろにするとよく似ていてわかりにくいのですが、染色体が異なり、植物分類学上では明らかに違う種類だとされています。自然薯は栽培の山芋とは粘りも風味も格段に違います。」ということで、山芋や長芋などとは違うもののようです。
粘りけは山芋と段違いというのが、さっきのねばねば遊びでもおわかりでしょうかw


最後、とろろご飯にして胃袋にかき込み、その後はデザート。


コーヒーまで付いて、1380円でした。

実は結構お得。

そして、4月頭にも走行練習会があり、東海村にお邪魔したとき、前回いただいた自然薯が食べたくなり、2ヶ月ちょっとぶりに改めて訪問。
今日は天気がよいですね。


本日のランチ。


店内にはいると、ドリンクバーができており、お茶やコーヒーなどはサービスになっていました。
肝心のメニューは前回と同じ。
ということで、自然薯を注文。


あれれれ?小鉢が一つ少ないし、前回より劣化してる気が...
でも、前回よりお刺身は少しグレードアップかな!?
今回はお新香だったけど、前回のおつけものはおいしかったなぁ...


刺身


小鉢


メインの自然薯


今回も混ぜ混ぜ、ぐるぐる。


ああ、おいしかった。でも、お値段が前回と同じでちょっとなんかむなしい。次回いくの考えちゃいますね。。。

日本料理 琥珀
029-282-2998
茨城県那珂郡東海村村松917-1
11:00〜14:00 17:00〜21:00
定休日:月

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[Drive] アベレージラリー走行会参加してみたよ

実は、わたくし、今シーズンはとあるラリーシリーズにほぼ出走予定なのですが、勉強と練習もかねて、今回はすべてナビで参加を予定しています。 第一戦で失敗した部分を克服すべく練習会への参加なのです。というこで、ドライブしてるよ〜〜!!

春なので、さくらがきれい。



さくら


コマ図にかき込んで作ってるよ〜!
いろいろと書ききるのが難しいのです。ミスや漏れがないように工夫をするだけで一苦労。。


ラリーでとても困るのが、途中にお手洗いにいきたくなったとき、どうしようもないのよね。
という話をしてて、女性が参加しにくい理由ってここにもあるんじゃないかな〜?といってたら、強制レスコンがコース上に設定され、お手洗い休憩が十分にあったことがとてもありがたいです。
今回のミスはほぼ0。だけど反省点もいくつかあって、次回の本番に生かすことにします!
NONOを使った時間走行の操作がとても難しく、何度やってもなれれないのです。。。困った困った。。
今回克服、次回で成果だせたらいいですね。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[] 1ポンドハンバーグ@ぶどう亭

ラリー走行会の後、本日は、肉にいこう!ってことで、ステーキやハンバーグのぶどう亭。
いやー、すごいね、1ポンドサイズのハンバーグにご飯大盛り。げふっ!



みよ、このジューシーな肉汁!


1ポンドといえば450g、450gですよ、先生。
写真でみたら、ふつーのサイズなんだけど、よんひゃくごじゅーぐらむ。
小食なあたしには、胃袋におさまりゃしませんよ。
ネタでやって、一緒にいた人に押しつけようとして注文。

とか冗談いいながら、さくっと食べれてしまいました。
ミディアムぐらいでとオーダーしたら、ビーフ100%じゃないので、完全に火をとおしますってことでした。
ファミレスやガスト系列と比較しちゃだめだけど、まあまあおいしいハンバーグでした。

それ以外にも1ポンドシリーズはあるので、是非お試しを。


ぶどう亭
029-295-2911
茨城県那珂市後台3331-1
[月〜金] 11:30〜15:00 17:00〜21:00 [土・日・祝] 11:30〜21:00

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[] 宴会

こっちは新年会を兼ねたほうのイベント。今更ですが。
恒例毎年同じ民宿の 川崎屋にて、お世話になっているようで、かなり豪華になってるようです...
ちなみにおいらは食べれるものは数少なく...~
あ、そうか、ひたち市は海沿いだった、魚がおいしい町でした。

すでに豪華...

アワビ、ウニ、ほかいろいろ...


グラタン、キッシュ。どちらも魚介ふんだん...


日立牛


お造り


イノシシ?鍋


もつ鍋


鍋をいただきました。うまー!
にしても、一つの鍋を4人の配分。いや、鍋だけでおなかいっぱいになりますよって..
なんか、もったいない感じが満載でしたが、その後部屋に持ち帰って遅くまで宴会に。
それでも残るぐらいだったのでした。。

その翌日の帰り、太平洋側をドライブしながらかえりました。
1月というのに風が気持ちよかったので、撮影w(あほw









朝なので光と海がとてもきれいです。ああ、おいらの人生よ、海辺でうふふ、きゃっきゃという出会いはないのかしら(^^;

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[] 台湾料理 三福源 桜区五関店でセット+唐揚げを食す

ここの唐揚げは絶品で頼むべき一品と一緒にいた人に言われ、チャレンジ。

待つことの10分程度。
着どーん!


iPhone5と比較。


メニューの写真と比べても明らかにでかいんですけど、、、、。
さすがに無理っ!
できたては超おいしい。油もきれいなものつかってるし、ふわっと、からっと、ジューシー。




ランチなので、お得なランチセットを検討すると、で、でかいっ!


台湾ラーメンとニンニクチャーハンをオーダー。


セットのチャーハンのサイズがコレですよ、、、。


ふつうだけどボリュームたっぷり、コスパ最強。
なににしても、唐揚げでかすぎ、スケール感半端ない。。本当にごちそうさまでした。
食べきれずに半分持ち帰りました。それでも、横に大きくなりそうです。。。w

三福源 桜区五関店
048-859-2938
埼玉県さいたま市桜区五関85-1
11:30〜14:30 17:30〜24:00

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

Diary for 4 day(s)
Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project




(c) Copyright 1998-2014 tomocha. All rights reserved.