MS-DRM (Digital Right Manager : 電子著作権管理) システムのアレ

最終更新日: 2005.05.29 14:36
文: どるふぃん

>> TOPに戻る / Docsに戻る

もくじ

概要

PPV (Pay-Per-View)とかで動画・音声の有料配信サービスのベースとなるDRMなんだけど、DRMモジュールの実装がアレげかも〜。DRMで保護されたディジタルコンテンツが認証(PPV手続き)なしに視聴できるっちゅう不具合があるなり・・・(^^;。

テスト用のディジタルコンテンツ(WMV形式ビデオファイル)は、DMMコンテンツ配信サイトから取得したDRM保護処理済みのビデオファイル。

# かなりえっちかもぉ・・・ (きゃっ (^^;。ってか、R指定なり・・・(^^;。

通常の手続き

ファイルをローカルディスクにダウンロード後、WMP9 (Windows Media Player)で再生〜♪。(もち、最新パッチ適用済よん♪)
初めの再生時にライセンス認証が行われて、ユーザが月額契約期間中であるかどうかの確認がされるです。

fig01

ライセンス認証は認証が行われたその日を含めて有効期限3日間が設定されて、月額契約期間中であればその都度有効期限3日間で逐次自動更新されるという仕組み・・・。

fig02 fig03

で、ライセンス認証を受けなかったときは、クライアント側にライセンス情報が構築されなくて、再生不可能ができにゃいのだ〜。← これがDRM の仕組みね。
つまり、ちゃんとお金払いなさーいってこと・・・。

fig04 fig05

まぁ、認証に失敗するとこげなことに・・・ (^^;

DRM回避手段実施例

なんと!!、本来の有効期限以上の日数が設定できちゃうです・・・。本来、DMMのサービスでは有効期限は3日間になるんだけどね〜 (^^;。

fig06 fig07

注意

備考)


連絡先・編集後記

この件について何かあれば、どるふぃんまで。
でも、結構忙しかったりするので、お返事は遅くなるかもです、てか絶対・・・(^^;。

dolphin0623@joy.ocn.ne.jp

注意) すぱむとか送ったらいけません。(アレげなメールは捕獲あ〜んど追跡しま〜す)

あー、あと、DRMのほうは興味はなくなったかもです・・・(^^;。
コード・モーフィングとか、ミューテーションあたりとか、CRS-1 クラッシュあたりに興味があるかも〜・・・
(まっキュロキュロしゅけな人なので (^^;。

tomocha追記分: うんとうんと、本当に真っ黒けのくろくろで、○○○さんも恐れる存在らしい♪
本職が本職だからねぇ(爆)

▲ TOPに戻る ▲
03709
Copyright (C) 2004-2012 tomocha
tomo@gyojya.jp