title
わたしの日記は日々の出来事の鬱憤晴らしの毒だし日記がメインです。 相当病んでいます。くだを巻いています。許容出来る方のみのアクセスをお願いします。 また、この日記へのリンクは原則自由にして頂いても結構ですが、 写真への直リンクを張るのはご遠慮下さい。内容に関しては、一切保証致しません。
カテゴリ一覧 Network, Internet, IPv6, DC, NTT, Comp, Linux, Debian, FreeBSD, Windows, Server, Security, IRC, 大学, Neta, spam, , 生活, 遊び, Drive, TV, 仕事,
過去日記:



2018年08月18日() [晴れ]

[TV][Internet] FODが見れない! Ad DNSブロッキングの弊害

DNSブロッキングされた環境で、FODを視聴しようとすると、かなりの広告がブロックされているのがわかる。
データー量にして、相当なモノだろう。また、フレッツのPPPoE輻輳などで、昨今話題のなかで、見もしない広告は、無駄なトラフィックを発生させ、悪害以外何でも無い。

だが、本編開始をしたところで、始まらない...


おそらく、FODのCMがDNSブロッキングにより、ブロックされたため、CMが再生出来ず、次に進まないという実装だろう。
Error になると、次に進まないという仕様であれば、いつまでたっても視聴出来ない。さあ、FODに問い合わせでいつまで経っても視聴できないといじるのもヨシ。 配信が終わるといって、意地悪な問い合わせをしてみるのもヨシ。

外部リストを使い、自動更新をしているため、レコードをコメントアウトしても一時しのぎにしか過ぎないので、解消方法を探す。探す方法として、HLSのchunkfileを探し、tsファイルを wget して、直接再生する方法も考えたが、著作権保護の為、ライセンスが無いとそのままでは視聴出来ない。 ffmpegなどを使い、ライセンスファイルを喰わせて、デコードすれば、目的は達成できるかもしれないが、保存が目的では無いこと、複雑なことをしないといけないので、この手法は対象外。
とはいいつつも、まずは、Chromeの標準のデバッグツール(F12)を使い、リクエストのあったファイルをしらべ、そのなかから、「chunklist.m3u8」というのを探す必要はある。



中身はテキストファイルで、下記のような内容。

$ w3m -dump_source https://fod-plus7.hls.wseod.stream.ne.jp/www08/fod-plus7/_definst_/mp4:video645810020me1134f43.mp4/chunklist.m3u8 | head -n 20
#EXTM3U
#EXT-X-VERSION:3
#EXT-X-TARGETDURATION:17
#EXT-X-MEDIA-SEQUENCE:0
#EXT-X-KEY:METHOD=AES-128,URI="https://fod-plus7.hls.wseod.stream.ne.jp/www08/fod-plus7/_definst_/mp4:video/56789/5645/5645810020me1134f43.mp4/key.m3u8key"
#EXTINF:16.016,
media_0.ts
#EXTINF:16.016,
media_1.ts
#EXTINF:16.016,
media_2.ts
#EXTINF:16.016,
media_3.ts
#EXTINF:16.016,
media_4.ts
#EXTINF:16.016,
media_5.ts
#EXTINF:16.016,
media_6.ts
#EXTINF:16.016,
$

この場合は、chunkfile.m3u8 からみて、相対パスに、media_0.ts 〜 のファイルがあると言うこと。このあたりは、前項のスクリーンショットにもあるが、これを連続してつなぎ合わせて、動画を再生される。サーバー側の実装としては、httpd が上がっておれば、何でもよく、サーバー側で対処をしなくてもよいというメリットがあり、スケールアウトさせやすいことから普及したと私は思っている。ただ、http で chunkfile を 取得出来ると言うことは、そのファイルに対して保護が出来ないことから、ライセンス情報を別に組み合わせる必要があるのだろう。また、この「EXT-X-KEY:METHOD=AES-128,URI=」にあるURIが暗号化された鍵の様子。セットでgetしておいてもよい。

技術的背景はこの程度にしておき、簡単に視聴する方法があり、ごくごく一般的な汎用動画再生プレイヤー VideoLAN(VLC)を使っえばよい。これは、HLS Streamingにも対応し、著作権保護にもきちんと対応しているため、なにもしなくても視聴が可能であった。このFODも例外では無い。
VLCは各OS、ディストリビューション毎に配布されているオープンソースのプレイヤーで、多岐にわたる環境で視聴可能だろう。ブラウザみたいに負荷も高くなく、快適に視聴できるはずだ。

起動して、URLをペーストするべく、Ctrl + V と叩くと、ネットワークストリームを開く事が出来る。メディアから開いてもよい。


そうすると、簡単に再生ができること、広告も入らないし、このままテレビなどに映像転送をしてもよいだろう。非常に利便性がよくなった。


さらに、配信元のサーバーから、HLS Stream 用のchunkfileは公開停止後しばらくファイルが残っているため、URLさえメモをしておくと、しばらく視聴が出来るようだ。これは、ブラウザで一度開いておき、放置していても、一定期間見れるのと同じで、猶予期間を設けているのだと思われる。出張などで見れない場合の見逃し再生として非常に重宝するので、とてもありがたい。ちなみに、VLCにはストリーミングの保存機能もあるようなので、使ってみると面白いかも。

余談: 朝起きれず、かつ、HDDレコーダーの空きが無く録画をし忘れたため、FODで見逃し放送をみようとしたところ、はまってしまったので、この記事を書きました :)
さらに、ffmpeg をうまく使えば、暗号化された動画をデコードできるかもしれませんが、今回の目的の趣旨と外れるため、紹介はしません。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[Internet] Ad DNSブロッキングおよび、kawango DNSブロッキングの実装をしてみたら、超快適だった

ちまたで、kawangoが暴れているDNSブロッキングというネタがあり、元々実装を検討していたものについて、便乗してみました。
アドDNSブロッキング最高!!

前置きはよくて、本題。
iPhoneを生活環境で使用しているが、電車の中でネットサーフィン(死語)をしていると、あまりにも広告がうざく、スクロールを行おうとしたところに広告や動画が流れ、閉じようとしても、閉じるボタン小さく、誤爆でクリックを狙うような、悪質なモノが非常に多い。私は、MVNO SIM + WiFiで使用しているため、容量も3GB程度しかなく、糞みたいな広告で通信料および、お金が擦り落とされるのが非常に腹正しく、何かする方法がないか考えていた。もちろん、部屋でゴロゴロとしてPCでネットを見ていても、広告があまりにもうざく、嫌気を指していたので、対処するべく実装に至った。そのほか、 @kawango2525の頭の悪さに、こいつの関係するサイトもブロッキングする実装とした。

仕込んだ結果こういう様子。すっきりすっきり。テスト用に用意した端末で見比べて欲しい。これほどすっきりする。


ハムスター速報


はちま寄稿


PCブラウザでいくつか。こちらは広告が出ないはず。


どうだろう、すっきりしているかと思います。モバイルの時は、LTEやモバイル用WiFiルータ等で使うときは必ずといってもいいぐらいVPNで生活しているので、必ずこの恩恵を受けれるので、とてもすっきりします。最近だと、mineoの糞仕様で、画像の劣化をさせるといった愚行もあり、こういった影響も受けません。
また、adblockなど、ブラウザのプラグインや拡張機能に入れる方法もありますが、これはこれで、ブラウザが重くなるなど、なるべく使用したくはないのです。ただ、URI単位でのブロックが出来ないので、やはり、そこは3rd partyに任せる必要はありますが、ずいぶんすっきりします。

実装方法は簡単。家の中は、ADがあるが、個別に制御は厳しい為、AD管轄以外は、forwarder に指定し、unbound を参照させることとして、unbound をフルリゾルバとして構成した。個別にhostsファイルとして配布しても結果、127.0.0.1 とし、local port があいていないため、refuse させることにより、結果同じものが得られるが、すべての端末に配布が必要となること、メンテナンスが容易ではないこと、モバイル端末では適用できないといった事から、DNSブロッキングを採用した。

いくつか自前で生成を行い、まとめサイト、アダルトサイト、各企業のサイトなど訪問し、DNSのquery log の記録、および、閲覧し、HTMLの確認等を行い、目立ったサイトを個別に設定。その上で、外部のリストに頼ることにしました。
外部のサイトで、都合のよいリストとして、 280blockerというサイトがあり、ここで、リストを配布しており、これを、unboundに仕込めばOK。awkを使用すれば、ワンライナーで、生成も出来る。

unbound.conf
---
include: "/etc/unbound/blocking.conf"
---
tomo@ns4:/etc/unbound$ cat blocking.conf
# tomocha custom
local-zone: "spcdnpc.i-mobile.co.jp." static
local-zone: "fpc.googlesyndication.com." static
local-zone: "tpc.googlesyndication.com." static
local-zone: "googletagservices.com." static
local-zone: "googlesyndication.com." static
local-zone: "adservice.google.co.jp." static
local-zone: "adservice.google.com." static
local-zone: "asg.to." static
local-zone: "mediad2.jp." static
local-zone: "dtiserv2.com." static
local-zone: "aimg.fc2.com." static
local-zone: "ane.yahoo.co.jp." static
local-zone: "rd.ane.yahoo.co.jp." static
local-zone: "ard.yahoo.co.jp." static
local-zone: "ad.noahpass.jp." static

#kawango
local-zone: "dwango.co.jp." static
local-zone: "dwango.jp." static
local-zone: "nicovideo.jp." static
local-zone: "nicovideo.com." static

local-zone: "XN--TCK4B396VYDP.JP." static
local-zone: "XN--TCKA4EB0270EBXWA.JP." static
local-zone: "XN--K8J9A3DWB6G12A.JP." static
local-zone: "XN--BCK9A3DWB6G0D.JP." static
local-zone: "XN--UCKYBYGQA.JP." static
local-zone: "DEHOGALLERY.CO.JP." static
local-zone: "DWANGO.NE.JP." static
local-zone: "DWANGOCONTENTS.CO.JP." static
local-zone: "JNCA.OR.JP." static
local-zone: "KADOKAWADWANGO.CO.JP." static
local-zone: "MAGES.CO.JP." static
local-zone: "NIWANGO.CO.JP." static
local-zone: "NNN.AC.JP." static
local-zone: "PEDIANEWS.CO.JP." static
local-zone: "VIRTUALCAST.CO.JP." static
local-zone: "NICOBLOG.J.P" static
local-zone: "BLOMAGA.JP." static
local-zone: "NICOBLOMAGA.JP." static
local-zone: "NICOCAS.JP." static
local-zone: "NICODRM.JP." static
local-zone: "NICOSEIGA.JP." static
local-zone: "IKEBUKUROCOSPLAY.JP." static
local-zone: "M-SC.JP." static
local-zone: "SIMG.JP." static
local-zone: "KADOKAWADWANGO.JP." static
local-zone: "N-JUKU.JP." static
local-zone: "FSMILE.JP." static
local-zone: "NICOMATOME.JP." static
local-zone: "COSPLAYAGENCY.JP." static
local-zone: "NICONICO.JP." static
local-zone: "NICOHONSYA.JP." static
local-zone: "DENOU.JP." static
local-zone: "ASCIIDWANGO.JP." static
local-zone: "NICOFARE.JP." static
local-zone: "NICOFERRE.JP." static
local-zone: "NICOFALLE.JP." static
local-zone: "NIKOFARE.JP." static
local-zone: "NIKOFERRE.JP." static
local-zone: "NIKOFALLE.JP." static
local-zone: "D-UE.JP." static
local-zone: "POLICYWATCH.JP." static
local-zone: "NICOFARLE.JP." static
local-zone: "SMILEVIDEO.JP." static
local-zone: "ARTILIFE.JP." static
local-zone: "CELL-NET.JP." static
local-zone: "NICOMOBA.JP." static
local-zone: "KA-DW.JP." static
local-zone: "CHOKABUKI.JP." static
local-zone: "TWOFIVE-IIV.JP." static
local-zone: "BIGFENCE.JP." static
local-zone: "NICOGAME.JP." static
local-zone: "NICOAPP.JP." static
local-zone: "ENGAGEPRINCESS.JP." static
local-zone: "NICODIC.JP." static
local-zone: "EIOU.JP." static
local-zone: "NICOGA.JP." static
local-zone: "J-AFILIA.JP." static
local-zone: "CUSTOMCAST.JP." static
local-zone: "NIWANGO.JP." static


# 280blocker.net by 2018.07.30
# https://280blocker.net/files/280blocker_host.txt
略

static なのは、 Unbound,知ってる? この先10年を見据えたDNSを参考に、「NXDOMAINかNODATAを返す」とある。drop してしまうと、応答しなくなり、いつまで経っても表示されないことから、NX DOMAINを応答するように仕込んだ。

ところで、 NNN.AC.JP(学校法人角川ドワンゴ学園) 登録日:2018/07/03ってなんじゃ?また怪しいこと始めるのかな?

結果、とても快適。また、iPhoneなどで、からなずVPN経由でネットサーフィンをしているため、VPN先のリゾルバを参照しているため、もちろんこの影響は受けない。
280blockerは商用利用はNGなので、自前でリストを整備し、さくらのVPSでDualStackで実装、IPv4/IPv6ともにVPN/トンネルで応答できるようにして、サービスをすれば、IPoE環境からアクセス出来るようにすれば、PPPoE輻輳問題の解消、また、広告DNSブロッキングも平行して、使用出来、快適かもしれれないので、こういったサービスを始めるとよいかもしれない。作るのは簡単。運用と決済システムを考えないと事業にならないから、ちょっと面倒かな。

まあ、このあたりでDNSまで仕込めば、完璧。 さらに、モバイルからアクセスする環境として、OpenVPNや、 SoftEther VPN オープンソース版などを組み合わせて使うとよいかな。そうすると、簡単にL2TP/VPN環境が構築出来る。

 さくらのVPS で IPv4 over IPv6ルータの構築

あ、 さくらのVPSで実装するときは、 このリンクから、おねがいしやす!生活かかってるんで!
IPv4/IPv6 DualStackで気軽に使えるのは、他はConoHaぐらいかな。ただ、GMO嫌い。

ということで、Ad DNS ブロッキングリゾルバプロジェクト的なモノをつくって、実証実験しませんか。もしくはそういうオプションサービスをISPで始めると面白いかもしれませんね。そういう会社いないっすかね。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[Network][Internet][TV] DTCP-IP で遊ぼうか、やっぱり、HDMI Extender で遊ぼう。

奈良にHDDレコーダーやテレビなどいろいろな家電があり、録画したものを東京でみたいと思ったとき、実装をどうしようか悩んでおり、解決方法が無いか模索していた。その中で、DTCP-IPを流す方法。しかし、技術仕様に7msの壁があり、想定内であったものの、やはり通らず。

東阪には、L2の網が引かれており、その上にVLANが流れてる。単純にL2ですべて延伸はしたくないため、広域VLANを作り、バックボーンセグメントとして設計、そこに各拠点毎のルータが接続され、経路交換には、OSPFが使用されています。このあたりは、 841M導入時にはまったネタを参考に。WiFiはCisco FlexConnectにより一元管理、およびお互いのVLANに足を伸ばせるようになっています。
話を戻して、DTCP-IPはL2でないといけないので、専用のVLANを東阪に敷設してのばしましたが、RTTの問題で、結局NG。proxy arp + L2 Bridge でごまかそうかとおもって、しらべていたところ、「日本のちゃんとしたメーカ製レコーダは、共有鍵生成プロセス中に時間測定してるはずなので難しいと思います。」といったコメントをとある人からいただいた。うーむ、難しいなぁ。あきらめて、ひとまず、HDMI Extender over IP を使用してみることに。

今使用しているルータの制約で、300Mbpsが上限。メーカーから評価機を借りて負荷試験したら、東阪では、800Mbpsを簡単に超えれたが、今のところ買い換える予定は無しの為、東阪のスループットは300Mbps程度。HDMI Extender のスペックをいろいろと調べていると、80Mbpsやら、100Mbpsといった帯域幅を要求するとあるので、これなら、HDMI Extender over IP でも、3本は通る計算。ということで、いろいろと調査した結果、要件に合いそうなものを適当に2機種購入。

どちらも調べてみると、怪しい表記ではあったモノの、どちらもover Ethernetに対応している様子。スイッチをかましてもいけるとのこと。
ただ、373側はHDCP対応、891はIR対応だが、HDCP対応とは記載が無い。同一メーカーのようだが、Amazonでいろいろと調べてみると、あちこちにOEMを出しており、891には、HDCP対応という記載は無かった。ちなみに、どちらもCECには未対応の為、テレビからHDMIデバイスを操作することは出来ないので、IR対応の891も併せて購入している。

まずは届いたので開墾の儀。

パッケージおよび、373(左)、891(右)

外観パッケージは同じのようだ。見た目の区別は付かず、サイズも同じ。
開封してみると、Amazonの商品紹介と同じく、そのまま。


LAN側インターフェース


HDMI側およびACアダプタインターフェース



上から


裏面から

ACアダプタは5V 1Aのもの。うまく使えば、USBから供給可能なので、宅内に、HUBやオーディオの同軸→光の変換、HDMIセレクター、Amazon FireTVなどそういったデバイスが多い場合は、 Anker PowerPort 6 Lite (30W 6ポート USB急速充電器)といった、各ポート1A供給できる6ポート程度のUSB充電器などを用意すればよいだろう。今となっては、QCやUSB Type-Cなどが始まり、古くなったUSB給電アダプタを余らしているところも多いだろうから、そういうのを転用しても良さそう。その際は、 USB-DC電源供給ケーブル センタープラス 1m (Φ5.5/2.1mm 標準DCプラグ)といったモノを準備すればよいだろう。※ サイズは、Φ5.5/2.1mm 標準DCプラグ だと思いますが、はかっておりませんので注意してください。

ということで、届いたので、電源を入れて、動作確認。



作業用のスイッチとして、我が家では Panasonic Switch-M8eG や、 BUFFALO BS-G2108URといったスイッチを大量に採用しており、予備機も潤沢にあるので、今回は、一般家庭を想定し、BUFFALO BS-G2108URを使用してみた。

HDMI Extenderの紹介には、帯域幅80Mとか100Mといった表記しかなく、また、製造メーカーも不明であり、詳細を調べることが出来なかった。
まず、LEDを見ていただきたいのだが、オレンジ色でLinkUpしている。すなわち、100Mで上がっているということだ。多くても上限で100Mbpsの能力しか無いということ、L2遠伸をしても、実効帯域300Mbpsあるので、影響は受けないということになる。

さて、環境がそろったところで、次の組み合わせ試験を行った。

いずれの組み合わせもOK。ついでに、空きポートにPCをつないだところ、そちらにもパケットが来ており、他のポートと同様に点滅することから、フラッディングしている様子。
これは、想定範囲内で、 Amazonのレビューに次のようなコメント

1つのLANハブから各部屋に有線LANを通していて、そこに接続をすると全てのハブがビージー状態になってしまいます。(使ってないところまでピカピカと点滅する)←うまく説明できない

すなわち、ブロードキャストに投げるような粗悪な実装か、マルチキャストをしているのではないかと、容易に想像が付く。今回、IGMP未対応のスイッチを使用しているので、フラッディングしているように見えるが、正常。実際にパケットをみてみると、次のようなメッセージ。

15:45:05.858549 00:0b:78:00:60:01 > 01:00:5e:02:02:02, ethertype IPv4 (0x0800), length 1066: (tos 0x40, ttl 128, id 9006, offset 0, flags [none], proto UDP (17), length 1052)
    192.168.168.55.2068 > 226.2.2.2.2068: [no cksum] UDP, length 1024
15:45:05.858667 00:0b:78:00:60:01 > 01:00:5e:02:02:02, ethertype IPv4 (0x0800), length 1066: (tos 0x40, ttl 128, id 9006, offset 0, flags [none], proto UDP (17), length 1052)
    192.168.168.55.2068 > 226.2.2.2.2068: [no cksum] UDP, length 1024
15:45:05.858784 00:0b:78:00:60:01 > 01:00:5e:02:02:02, ethertype IPv4 (0x0800), length 1066: (tos 0x40, ttl 128, id 9006, offset 0, flags [none], proto UDP (17), length 1052)
    192.168.168.55.2068 > 226.2.2.2.2068: [no cksum] UDP, length 1024
15:45:05.858901 00:0b:78:00:60:01 > 01:00:5e:02:02:02, ethertype IPv4 (0x0800), length 1066: (tos 0x40, ttl 128, id 9006, offset 0, flags [none], proto UDP (17), length 1052)
    192.168.168.55.2068 > 226.2.2.2.2068: [no cksum] UDP, length 1024
15:45:05.858902 00:0b:78:00:60:01 > 01:00:5e:02:02:02, ethertype IPv4 (0x0800), length 1066: (tos 0x40, ttl 128, id 9006, offset 0, flags [none], prot
15:45:05.859019 00:0b:78:00:60:01 > 01:00:5e:02:02:02, ethertype IPv4 (0x0800), length 1066: (tos 0x40, ttl 128, id 9006, offset 0, flags [none], proto UDP (17), length 1052)
    192.168.168.55.2068 > 226.2.2.2.2068: [no cksum] UDP, length 1024
IP Multicast については、英語の WikiPedia:Multicast addressがてっとり早く詳しいが、226.2.2.2 は RFC5771によると、
225.0.0.0 - 231.255.255.255   (7 /8s)    RESERVED
となっている。宛先mac address 01:00:5e は、RFC1112で定義されたアドレス。
01-00-5E-00-00-00 - 01-00-5E-7F-FF-FF	0x0800	IPv4 Multicast (RFC 1112), insert the low 23 Bits of the multicast IPv4 Address into the Ethernet Address (RFC 7042 2.1.1.)

上記の背景からIP Muticast を使用していると断言出来る。

さて、ではスループットについてしらべてみよう。IGMP未対応のスイッチのため、フラッディングしてくるので、同じトラフィックがPCでも見ることが出来る。
すなわち、プロミスキャス・モードに切り替え、テスト用端末のインターフェースで受信したトラフィック量をモニタしてみた。

$ ifstat -b -i eth1
       eth1
 Kbps in  Kbps out
64244.03      0.00
53804.32      0.00
49787.48      0.00
49209.97      0.00
50719.70      0.00
63823.11      0.00
69301.00      0.00
68460.17      0.00
64678.62      0.00
58649.50      0.00
52736.90      0.00
47499.17      0.00
51966.95      0.00
58729.38      0.00
67817.21      0.00
68894.07      0.00
68828.96      0.00
$

上記から、映像を送信している場合は、最大でも、70Mbps程度使用していることになる。300Mbpsの有効帯域があると言うことは、4本のHDMIが通ると言ってもよい。4chですよ、4ch。すごいね。

尚、真っ黒の画面を送信した場合は、10Mbps程度、HDMI入力をOFFにした場合は、ほとんどパケットの送信は無かった。電源が入っている限り、トラフィックを出すと言った仕様では無いこと、映像によって、帯域は可変で、10Mbps〜70Mbps程度の幅があることがわかった。

参考として、HDMI の Source に使用した機器は、 パナソニック プライベート・ビエラ UN-15T5のチューナーに接続、測定した。

さてさて、これだけでは、本記事としては面白くないということ、端末にIPアドレスが付与されているということで、scanなどを行ってみた。

# nmap -sP 192.168.168.0/24

Starting Nmap 7.60 ( https://nmap.org ) at 2018-08-18 15:50 JST
Nmap scan report for 192.168.168.55
Host is up (0.0046s latency).
MAC Address: 00:0B:78:00:60:01 (Taifatech)
Nmap scan report for 192.168.168.56
Host is up (0.0088s latency).
MAC Address: 00:0B:78:00:60:02 (Taifatech)
Nmap scan report for 192.168.168.148
Host is up (0.0058s latency).
MAC Address: 00:0B:78:00:60:A4 (Taifatech)
Nmap scan report for 192.168.168.1
Host is up.
#

基本的にはTxとRxの出荷のMacAddressは連番になっているようで、891については、.55(Tx), .56(Rx)となっていたが、373は、.55(Tx)、.148(Rx)となっていたので、Tx側モジュールをそのまま使うには、IPアドレスが重複する可能性がある。ちなみに、同時にTxを2つつないだ場合の挙動は未確認。後ほどテストをしてみます。
mac addressからして、Taifatech となっており、oui.txt によると、下記の通り。

000B78     (base 16)            TAIFATECH INC.
                                8F-1 No.289, Sec.2  Guangfu Rd.
                                Hsinchu    300
                                TW

台湾の会社で、調べても、 Taifatech Inc. Announces PC2HDTV Full HD Interactive Solution that Goes Beyond Wireless Displayという記事ぐらいしかヒットせず、他は、oui の情報程度。リリースには、「@taifatech.com」というドメイン表記はあり、whois をしてみたところ、失効した形跡は無いが別物のように見える。情報がなさすぎる。ということで、nmapによる追試験を行ってみると、次のような結果に。

どちらもHTTPがあいている様子。というこことは、ブラウザでアクセスするに限るということ。

ここでファームウェアの更新も、IPアドレスの変更も出来るようで、また、Uart Bpsとあることから、内部におそらく、シリアルコンソールがあると思われる。そのため、ここで触ると、何か楽しいことがあるかもしれない。尚、Tx/Rxおよび、モデルによっても全く同じWebUIであったため、891 Txのみのスクリーンショットとしている。

なお、HTTPを手で叩いてみたところ、httpd の finger print など何も返さなかったので、さらに追試験してみると、次のような結果に。

sh-3.2# nmap -p 80 -O 192.168.168.56
Starting Nmap 7.70 ( https://nmap.org ) at 2018-08-18 22:42 JST
Nmap scan report for 192.168.168.56
Host is up (0.00074s latency).

PORT STATE SERVICE
80/tcp open  http
MAC Address: F0:0C:0C:00:00:80 (Unknown)
Warning: OSScan results may be unreliable because we could not find at least 1 open and 1 closed port
Device type: proxy server
Running: Blue Coat embedded
OS CPE: cpe:/h:bluecoat:packetshaper
OS details: Blue Coat PacketShaper appliance
Network Distance: 1 hop

OS detection performed. Please report any incorrect results at https://nmap.org/submit/ .
Nmap done: 1 IP address (1 host up) scanned in 3.08 seconds
sh-3.2#

明らかに、このOSは間違っているだろう。尚、HDMI Extender の起動は数秒で終わっているため、組み込みLinuxとも違うのか。謎である。

さらに調べていたところ、HDMI Extender は IP Multicast なので、vlc などで拾うことが出来ないか実験、調査していたところ、下記のような情報が。

考えることは同じだ。環境を作れば、パケットを拾い、PCでキャプチャすることも可能のようだ。

ローカルの試験は完了したので、L2遠伸で遠くの拠点に映像を伝送しようかとおもうが、チューナーは一カ所においてあるため、NHK対策にちょうどよい。NHKは放送の受信機を設置した場所に取り立てにくるとのことなので、こういった映像だけ伝送する場合は対象外だ。NHK対策に、実家にチューナー、拠点にモニタ+HDMI Extenderによる映像の伝送などを試してみるとよいかもしれない。

さらに最近は、インターネット回線に対して、頭の悪いキチガイ集団は、課金をしようとしているようだが、専用線を調達して一カ所から集中のゲートウェイを作れば、インターネットとしての契約は1つで済むので、この問題も解決出来るだろう。
キチガイ対策に検討を祈る。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年07月01日() [晴れ]

[] 茶茶白雨@新宿 でお誕生日会

取引のある会社さんからのお誘いをいただいて参加してきました。
京料理のお店、「茶茶白雨」さん。
滅茶うまでしたー。

お豆腐。このねっとりとした舌触り。最高。



湯葉、濃厚。


えいひれ


サラダ


おとり分け!きれいに盛ってくれた!女子多いとすてき。


ポテトサラダ


だし巻き卵


肉じゃが。幸せ。


鶏の照り焼き。うまうま。


田楽。2種類。見た目も美しい。


天ぷら


じゃがバター


なんだっけ。。。


締めのお茶漬け。


デザートのチーズケーキ。フルーツも付いてる!


全体的に、静かで、接待にも使えそうな感じ。個室も有り、カウンターもある。
いわゆるやかましい団体客とか、そういうのが居ないのがとても良いです。
デートや女子会でも使えそうですね。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[][] 銀座木挽町うどん 太常 は癒しのうどん屋さん@銀座

3月下旬頃、ふと銀座をお散歩していたら、カワイイ柴がいるじゃないの。キュン♪
子犬だぁ



なにこのかわいらしさ。



何かを眺めていると思ったら父犬。お父ちゃんの出現。



3匹の子犬のおしり、超、萌え萌え。
チョベリグー(死語




ケージの中にいたけど、そのまま戯れていやされて遊びました。カワイイの。
甘噛みはご了承。カミカミされちゃうの(笑)



犬分を補給できたところで、お店に入店。

おうどんおいしい。



辛みはかなり辛みなので、おうどんに入れすぎるとスープの味が変わるので、うどんにのせながらいただくのをおすすめします。



うどんは、400円前後からいただけるんで割とリーズナブル。
お昼は禁煙でした。

銀座木挽町うどん 太常 (だいつね)
03-3541-2227
東京都中央区銀座7-15-17 だいつねビル1階
11:30〜15:00, 18:00〜23:00(L.O.22:30) (金曜夜はJAZZナイト)
定休日:土曜日・日曜日・祝日

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年06月30日() [晴れ]

[NTT][IPv6] FreeBIT IPoE 始まった!? いや、まだ始まりすらしていなかった...

NTT西日本のフレッツ回線からテスト。prefix list はまだ、更新されていない。

[root@linux-test1 ~]# telnet 2001:a7ff:ff62:6::6 49881
Trying 2001:a7ff:ff62:6::6...
Connected to 2001:a7ff:ff62:6::6.
Escape character is '^]'.
GET /v6/route-info HTTP/1.1
Host: route-info.flets-west.jp:49881
Accept: */*
Connection: close

HTTP/1.1 200 OK
Date: Sat, 30 Jun 2018 13:49:27 GMT
Content-Type: text/plain;charset=EUC-JP
Content-Length: 516
Connection: close

0000,2017/07/07 10:27:36
2111,2001:a7ff:5e00:0000:0000:0000:0000:0000/40
2211,2001:a7ff:0000:0000:0000:0000:0000:0000/32
2212,2001:a000:0000:0000:0000:0000:0000:0000/24
2311,2001:a200:0000:0000:0000:0000:0000:0000/23
2411,2400:2650:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
2412,2409:0250:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
2413,240b:0250:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
2414,2404:7a84:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
2415,2405:6584:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
2416,2400:4150:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
Connection closed by foreign host.
[root@linux-test1 ~]#

NTT東日本のフレッツ回線からテスト。prefix listが更新されていた。

[root@test4 ~]# telnet 2404:1a8:c023:3201::15 49881
Trying 2404:1a8:c023:3201::15...
Connected to 2404:1a8:c023:3201::15.
Escape character is '^]'.
GET /v6/route-info HTTP/1.1
Host: route-info.flets-east.jp:49881
Accept: */*
Connection: close

HTTP/1.1 200 OK
Date: Sat, 30 Jun 2018 13:47:56 GMT
Content-Type: text/plain;charset=EUC-JP
Content-Length: 565
Connection: close

0000,2018/02/02 11:27:52
1111,2404:01a8:7e00:0000:0000:0000:0000:0000/40
1211,2404:01a8:0000:0000:0000:0000:0000:0000/32
1212,2001:0c90:0000:0000:0000:0000:0000:0000/33
1311,2408:0210:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1411,2400:2410:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1412,2409:0010:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1413,240b:0010:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1414,2404:7a80:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1415,2405:6580:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1416,2400:4050:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1417,2401:4d40:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 ... FreeBIT
Connection closed by foreign host.
[root@test4 ~]# 
$ whois -h whois.nic.ad.jp 2401:4d40:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30

Network Information:
[Network Number]                2401:4d40::/29
[Network Name]
[Organization]                  FreeBit Co.,Ltd.
[Administrative Contact]        JP00000154
[Technical Contact]             JP00000154
[Abuse]                         opinioni at FreeBit.NET
[Nameserver]                    NS1.FreeBit.NET
[Nameserver]                    NS2.FreeBit.NET
[Allocated Date]                2017/06/09
[Last Update]                   2017/06/09 14:28:14(JST)

まだ、BGPによる経路広報はなさそうだ。サービスは開始していないらしい。

http://as9370v6.bgp4.jp/lg.cgi?query=1&arg=2401%3A4d40%3A%3A
---
> show ipv6 bgp 2401:4d40::
% Network not in table
> show ipv6 bgp 2401:4d40::/30
% Network not in table
> show ipv6 bgp 2401:4d40::/29
% Network not in table

IRRの登録もまだ無い。ハイジャックし放題なのかもしれないw

$ whois -h rr.ntt.net 2401:4d40::/29
[Querying rr.ntt.net]
[rr.ntt.net]
%  No entries found for the selected source(s).
$
$ whois -h whois.radb.net 2401:4d40::/29
[Querying whois.radb.net]
[whois.radb.net]
%  No entries found for the selected source(s).
$

DNSも浸透どころか登録すらされていない。

$ dig 0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa. @ns1.apnic.net.

; <<>> DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.62.rc1.el6_9.5 <<>> 0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa. @ns1.apnic.net.
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 17407
;; flags: qr rd; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 2, ADDITIONAL: 0
;; WARNING: recursion requested but not available

;; QUESTION SECTION:
;0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa.      IN      A

;; AUTHORITY SECTION:
0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa. 86400 IN      NS      ns2.freebit.net.
0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa. 86400 IN      NS      ns1.freebit.net.

;; Query time: 238 msec
;; SERVER: 2001:dc0:2001:0:4608::25#53(2001:dc0:2001:0:4608::25)
;; WHEN: Sat Jun 30 23:07:24 2018
;; MSG SIZE  rcvd: 89

$

以下メッセージ省略。

$ dig 0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa. @ns1.freebit.net. ns

;; flags: qr rd; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa.      IN      NS

;; Query time: 1 msec
;; SERVER: 2001:3e0:0:10::11#53(2001:3e0:0:10::11)

$ dig 0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa. @ns2.freebit.net. ns

;; flags: qr rd; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa.      IN      NS

;; Query time: 6 msec
;; SERVER: 2001:3e0:0:10::12#53(2001:3e0:0:10::12)


$ dig 0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa. @ns2.freebit.net. ns -4

;; flags: qr rd; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;0.4.d.4.1.0.4.2.ip6.arpa.      IN      NS

;; Query time: 2 msec
;; SERVER: 210.143.144.12#53(210.143.144.12)

ついでに、 telnetのあけているNW機器も更新しておきました。
he.net JPNAPのページをみていると楽しいね。IPv6はご丁寧にtelnetあけてくださっているところがおおい。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年06月26日(火) [晴れ]

[Security][Life] 福岡でhagexさん殺害の件

ニュースで話題になっていた殺傷事件ですが、ブロガー、hagexという形で当初報道され気づかなかったんですが、その後、セキュリティー、ハッカージャパン、という情報と同時に、本名の関連づけがなされ、いろいろとお世話になった方が無くなったとニュースで知らされました。

福岡での殺傷事件の被害者の岡本さんは、私が学生の頃から執筆していた Hacker Japanの私の担当編集者でした。学生の頃から社会人になっても連載をしており、長い間連載させていただきました。

学生のころから、執筆するということで、文章の書き方や、記事の書き方など、いろいろと教えていただき、文章を書くと言うことをたくさん学びました。また、何年も、執筆に当たり支えてくださった方です。 とても丁寧に教えてくださり、今の私があります。非常に面倒見のよい方でした。私はそれに甘えてしまい、裏の締め切りまでギリギリまで引っ張り、夜遅くにチェックしてもらうなど、ご迷惑もおかけしましたが、すべてがよい思い出です。
そのとき、書くことを教わり、その後ソフトウェアデザインの連載に活かされていました。
いろいろと悔しいです。。。 お通夜は今夜、告別式は明日ですので、詳細はS藤さんに確認してください。

追記:

その後、FacebookやTwitter、ブログなど、業界は非常に狭いので、追悼状態になり、やりきれない状態です。言葉もありません。。同じ書籍に書いていた人たちにも追悼と言えるメッセージがたくさんありました。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[Security][Neta] 【株式会社BUUNO】クレジットカード決済完了のお知らせ

勝手に、私の管理するドメインをテストに使い、メールを投げてきた愚か者がいるので、晒します。
なお、 huga.jpドメイン宛のメールは自動的に公開されることを了承した上で送っているはずですので。スパム、迷惑メール送りつけないでください。アホタレ。

Return-Path: <test-creditsupport@alij.ne.jp>
X-Original-To: hoge at huga dot jp
Received: from credit-mng.alij.ne.jp (unknown [59.106.8.27])
	by mx0.huga.jp (Postfix) with ESMTP id 33E5F4AC7B
	for <hoge at huga dot jp>; Mon, 25 Jun 2018 15:28:52 +0900 (JST)
Received: from credit-test (credit-test [192.168.11.105])
	by credit-mng.alij.ne.jp (Postfix) with ESMTP id 20249C0000058;
	Mon, 25 Jun 2018 15:28:52 +0900 (JST)
Date: Mon, 25 Jun 2018 15:28:52 +0900 (JST)
From: CreditPaymentService <test-creditsupport@alij.ne.jp>
Reply-To: test-creditsupport@alij.ne.jp
To: hoge at huga dot jp
Message-ID: <1660689389.1.1529908132126.JavaMail.root@credit-test>
Subject: =?UTF-8?B?44CQ5qCq5byP5Lya56S+QlVVTk/jgJHjgq/jg6zjgrg=?=
 =?UTF-8?B?44OD44OI44Kr44O844OJ5rG65riI5a6M5LqG44Gu44GK55+l44KJ44Gb?=
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8




【購入情報】
ITEM ID: BinaryControlPro [HT-C25_YT]
Name: tesuto taroukun 様
Mail: hoge at huga dot jp

【カード決済情報】
お取引ID: 180625000012034
加盟店ID: 99700901
決済方法: 分割(初回)
決済日時: 2018/06/25 15:28
決済金額: ¥ 19,800
カード名義: tesuto taroukun
このメールはクレジットカード決済による
決済金額やお問合せ先などの情報が記載されて
おりますので、大切に保管してください。


■ お取引ID
180625000012034

■ 加盟店ID
99700901
■ カード決済年月日
2018/06/25 15:28
■ 決済金額
¥ 19,800
■ カード名義
tesuto taroukun

■ 加盟店連絡先
ask@valu-cloud.com


クレジットカードのご利用明細に記載される請求名は
『TEST-DBA』
となります。

ご利用ありがとうございました。

ご不明な点がございましたら、
下記カスタマーセンターまでお気軽にお問い合わせください。
ご不明点などございましたら
下記までぜひ気軽にお問い合わせください。

=====================
株式会社BUUNO
http://buuno.co.jp

お問い合わせはこちらまで
info@buuno.co.jp
=====================
[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年05月26日() [晴れ]

[Network][Internet] DNS キャッシュサーバーはオープンリゾルバ

ぷららのインターネット接続障害、原因はIPv6 DNSの模様(10:23復旧済)という記事をTwitterで見かけて、ふとなんじゃらほい。とおもって調べてみました。
IPv6接続設定によると、IPv6 PPPoE用DNSキャッシュサーバーは下記の通り。

プライマリ:	2400:7800:0:3001::1:1
セカンダリ:	2400:7800:0:3001::2:1

ということで、オープンリゾルバ出あることを確認しました :)

で、本当は、DNSブロッキングの設定をしようとして、しくったんじゃないの?w

今なら、リフレクションし放題だぞっと!

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[Neta][Internet] 社食.com のドメイン売ります

社食.comのドメイン売ります。12万〜で希望です。

取得したのは、2013年で、当時は、ブラウザは検索バーとアドレスバーが別の為、あまりインパクトはありませんでしたが、今や、iPhoneもiOS7以降、また、PCブラウザ、特にChromeなどは、検索窓とアドレス窓が同一になり、利便性の為か、検索なのか、アドレスなのか区別が付かなくなっています。

特に、punycodeを使った日本語ドメインは、検索ワードとして認識されず、URIとして認識される糞仕様となっています。たとえば、今回のドメインもそうで、社食.com と名乗っており、実際は、 shashoku.com のドメインが本家ですが、ブラウザは、検索ワードとして認識せず、社食.com として、アクセスしてしまいます。こういったサイトが対象で、以前は、デート通.jp や 萌えデート.jp ( 2012/11/13 , 2012/12/17) というのありました。
こういうドメインは、日本語ドメインを見かけるなり、結構押さえるのが、学生の頃の趣味であったり、暇つぶしで遊んでいたりしました。もちろん、そのサイトに、広告を仕掛けて、アフィリエイトで収入を得るという糞サイトも作っていました。ただ、フィッシングやvirusなどをばらまくというサイトにはしていません。

万が一、この手法で悪意のあるサイトに仕立てられると、被害は甚大でしょう。(というか、アホだろw) ドメインを押さえずにそういうアピールしたサイト運営者にも責任があるでしょう。
そういうわけで、そろそろ維持していても仕方が無いし、お金にもならないので、売りに出そうかと。
そんなわけで、出来れば本家に買っていただきたいんですがね。
勉強料として。

12万円という根拠は、ドメイン取得から今までのサーバーの維持費という一般的な原価と思っていただいてかまいません。
それを回収しようとしているだけです。

といったところでしょうか。端数切り捨てで12万が妥当価格と考えています。

大前提として、本家に渡したいのですが、他から交渉があった場合、そちらに譲ることも考えます。
手放した後はさすがにどうなるかわかりませんが。

  『こういうのって商標がどうこうで訴訟された場合、負けますよ。 https://www.jaipa.or.jp/hosting/column4.html 「社食.com」が商標かどうかはしらんけど...。(そこまでわかっててやってるなら、それはそれで悪い人だなー)』
[ コメントを読む(1) | コメントする ]

[Neta][Internet] tomocha.moe ドメイン取得への道のり

オレオレTLDには気を付けよう - tomocha.moe がブロックリストに入っていたという記事を2014年7月に書き、あちこちで話題になりました。

事の発端として、ccTLDおよびgTLDしか無かった時代、絶対に重複するTLDが無かった時代に、オレオレのmoe TLDを立ち上げ、みんなで遊んでいた名残で、それが原因で、New gTLDが始まった際、ドメインの名前空間の衝突ということで、ブロック対象になっていました。 今回、そういう背景のあったブロックされていた.moeドメインがリリースされるという発表が moe TLDよりありました。

今回、このリリースで、5月22日 9:00(JST)にブロックリストに入っていたドメインが取得できるようになり、tomocha.moe が取得できるようになるはずでした。
がしかし、今回は解除されていません。そのためか、このようなTweetもありました。が、実は理由がありました。



moe TLDの中の人の気遣いで、連絡があり、「tomocha.moe」のドメインを解放するか、そのままブロックし続けるか、確認があり、タイミングの調整を行い、私が取得するという方向で調整しました。

メールの引用については事前に確認したところ、NGでしたので引用は出来ませんが、内容はこんな感じ。

こういった内容のやりとりを行い、リリースするタイミングの調整および、私の方でドメインの取得といった手順を行いました。
このあたりは、非常に秘密裏に進めていたため、外からは知るよしもありませんが、ドメインのリリース(開放)と同時に、下記のような感じでドメインが取得出来るように。

即時にドメインを取得し、DNSの設定から、サーバー側の設定、SSL証明書の取得まで一気に行い、
現在は、 https://tomocha.moe/でも同一の内容が正しくアクセス出来るようになっています。

もう、 私は年をとってしまいましたが、萌えたい方は、是非、 tomocha.moe でアクセスしてください!
私は年をとってしまいましたが、萌えたい方は、是非、 tomocha.moe でアクセスしてください!
私は年をとってしまいましたが、萌えたい方は、是非、 tomocha.moe でアクセスしてください!
私は年をとってしまいましたが、萌えたい方は、是非、 tomocha.moe でアクセスしてください!

大事なことなので4回言いました。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年05月14日(月) [晴れ]

[Neta][Drive] 銀座二丁目で事故

早起きは三文の得というが、私が早起きしたり、夜な夜な徘徊すると、必ずと行っても、事故というものに遭遇する。
これは、朝早起きして、のんびりと都内にでていったら、目撃した事件。



これは、どういうシチュエーションなんだろう。
トヨタ サクシードの車が進路をふさぎ、急に左ハンドルを切ったため、BMWが右折出来ず、そのまままっすぐ突っ込んでしまったのか、それとも、BMWが強引に右折しようとして、そのまま直進するサクシードをBMWが突っ込んだのか。。謎が深まる。。 それにしても、BMW 頑丈ですね(^^)
もちろん、外出のお散歩は、一眼レフを持ち歩いているんで、パシャリと現場撮影ですね。

こうやって写真をみると、会社名がでかでかとプリントされていると、どういう会社かきになってしまいますね。
サクシードは、 ビルメンテナンス 株式会社 西・サービスとあり、東京都中央区銀座3丁目を拠点とした近郊のビルメンテナンス会社なので、道を間違えることは無いはず。。。。

そういえば、3/6 お昼頃にも、このあたりで、イベントがありましたね。
ベントレーの車両火災があるときいて、撮影機材を持っていきました。



よく、隣の車両は無傷だったなぁと思います。



片付けが終わったとの、消防士の歩く姿。



ご苦労様でした。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年05月06日() [晴れ]

[NTT][DC] 堂島徘徊

よなよな徘徊。この辺って、なんでこんなに徘徊する機会が多いんだろう!?





橋の向こうから〜

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年05月05日() [晴れ]

[Life] 苗代

つらい...


食べないとやってられないYO!

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[] いちごとさくらんぼ(佐藤錦)

おなかがすいたので、適当にいちごをつまんで、牛乳をぶっかけていただいたよ。
女子的生活のドラマでは、鳥のえさといわれたシリアル(フルーツグラノラ)に牛乳、いちご、さくらんぼを突っ込んでおいしくいただきました。



佐藤錦のさくらんぼ。



このあたりは、自生しているいちご、育てられたいちご、放置したら、木になっていたさくらんぼなどなど。

さくらんぼ!


さくらんぼの下は自生したいちご。


いちご。こちらは育てている方!



おなかがすいたら、いちごやさくらんぼをつまみましょう!

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年05月03日(木) [晴れ]

[] キムチにネギ食べ放題

むしゃくしゃしたので、全部空っぽにして、ネギも二回お替わりして、満足。

ネギもキムチも食べ放題を唄っているのでいい感じ。おなかいっぱいで満足。
白菜もたくさんたべたし、便通が良くなるかな〜?

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年04月13日(金) [晴れ]

[] 海鮮居酒屋梅田産直市場大阪駅前第3ビル店

IRCで腐れ縁のyigiさんが近くにいるということで、久々に二人で飲みに。
大阪ビルあたりであれば、安いからあのあたりで飲もうという話をしていたものの、週末ということもあり、激混み。
安めのお店を探したモノの、実はそれほど安くなくがっかりしてしまったものの、料理に満足。


お通し、キャベツ、ガーリックポテト、枝豆、ガツポン酢


日本酒 299円〜とあって、一合と思ったら、0.5号だったりと。まあ、種類飲めたからいいか。
値段では想定外であったものの、割とよいものをいただけたので、東京と比べると非常にリーズナブル。
このあたりでは高めだから比較的入りやすかったのね。~二人で、5000円程度。満腹。結構飲んだしね。



串カツ。こちらは、微妙というか、The 揚げ物って感じ。串カツは本場食いに行けって感じ。
ソースも二度付けお断りではなく、ボトルからかけるタイプ。



陶板焼き。



焼酎。何だっけ?



キノコ。魚介、海鮮はだめなので。。


コロッケ食べたくなったんです。メニューにはサラダ+トマトがのっていたので、お得だぁ!とおもい注文しました。



どこを探しても、トマトが乗っていないので、店員を呼んで、メニューにはトマトうつってますが、つかないのですが?とお姉さんに聴いたところ、男性店員が出てきました。そうすると、会話の中で、「写真とは異なりますって、メニューにかいておかないといけないですかね〜。」といいながらトマトを持ってきてくださいました。さすが大阪! 後々知ったのは、対応されたのは店長でした。若い!
話をしていると、いわれたの初めてだとか(笑



最後にどてやき。やっぱり、大阪のどてやき最高!



本日の日本酒は、下記の通り。
全部おいしくて、また飲みたいとおもったお酒です。



サーバーエンジニアだったら、絶対に一度は飲め!
鯖! 茨城県水戸市 吉久保酒造 SABA de SHU。ネタですよ、ネタ。
すっきりとしたお酒で、鼻につくこともなく、香りも強くなく、くいっといける逸品。気に入りました。
ネタで頼んだ割には、満足!
そして、水戸でしたか。水戸といえば、ラリーの相棒が水戸ですね。あ、同僚も。



こちらは、純米ど辛。辛いといっても、香りがよいので、そんなに辛いとはおもわず、おいしくいただけました。

終電は、23時前なので、それまでに会計を済まし、yigiさんと解散。あー、おいしかった〜!
さくっと解散しました。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[][Univ] 大阪大学 中之島センターのカフェテリア スコラでランチ

母校ではないが、母校になる予定ではありません。あれは、大阪私立大学と大阪府立大学なので、阪大ではありません。。

というジョークはさておき、こちらの はリーガロイヤルホテルシェフによる直営店。学食価格になっています。
学食といっても、教員たちがいただく価格という感じの設定価格。
基本的に1,000円前後です。まあ、同じものを他で食べようとしたらたかいよね。

ということで、大阪大学に行く予定があったので、カフェに。




強風が強いのか、看板の足下がバネになっており、倒れません。
サンドバックの様。横から見たら、強風で倒れているように見えて、どきっとしますね。

さて、中に入りましょう。
どこかの食堂みたいな感じですね。



中に入れば券売機がとメニューが。



ミンチカツ、あんかけ焼きそば、ステーキ、とんかつなどがあります。



一緒にいた人はとんかつ。私はステーキ。
とんかつはとんかつ専門店で食べるべき!とおもっていたので、宗教上の理由です(笑
なお、カフェテリアでは、ご飯おかわり自由、珈琲、紅茶はサービスなので、セルフでおかわり自由。


てことで、待つこと10分ぐらい。ステーキが到着。



お箸など写真を入れ忘れました。てことで、リーガロイヤルというのがおわかりでしょうか。



肉!ボリュームたっぷり。柔らかくいい肉を使ってます。
ただ、お皿があまり暖かくなく、冷めるのも早い(><



こちらはロースカツ。
ぶ、分厚い!


味、ジューシーさは専門店には勝てませんが、柔らかくおいしいです。
ボリュームは、上ロースといった所でしょうか。1500円以上の価値はありそうです。



全体的に、珈琲などを考えたら、1800円ぐらいの感じのを1,080円でいただけるというイメージかな。
おいしゅうございました。

その後、帰り、レッカーされているトラックを見かけました(笑)
事故車両ですね。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[DC] NTTテレパーク堂島

大阪大学の中之島センターからの眺め。いい感じだね〜。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年04月02日(月) [晴れ]

[NTT] NTT西日本Bフレッツファミリー100の終了の瞬間(追記有り)

NTT西日本 | 2014年12月1日 「Bフレッツ」における一部サービスの提供終了についてというのが発表され、Bフレッツファミリー100は 2017年11月30日(木)にPPPoEセッションがばさっときられ、その後、下記のようなメッセージで再接続ができなくなりました。と同時に、LEDが赤色に。

Dec  7 11:47:28 gw-rtx1000 PPPOE[01] Disconnecting, cause [PPP: LCP Keepalive failure]
Dec  7 11:47:29 gw-rtx1000 PPPOE[01] Connecting to PPPoE server
Dec  7 11:47:30 gw-rtx1000 PPPOE[03] Disconnecting, cause [PPP: LCP Keepalive failure]
Dec  7 11:47:31 gw-rtx1000 PPPOE[03] Connecting to PPPoE server
Dec  7 11:48:28 gw-rtx1000 PPPOE[03] Disconnected, cause [PPPoE: PADI Timeout]
Dec  7 11:49:27 gw-rtx1000 PPPOE[03] Connecting to PPPoE server
Dec  7 11:50:24 gw-rtx1000 PPPOE[03] Disconnected, cause [PPPoE: PADI Timeout]
Dec  7 11:51:24 gw-rtx1000 PPPOE[03] Connecting to PPPoE server

その後、数ヶ月たった今、配線の撤去がなされず、まだONUがあるのですが、LED状態はこのような感じ。
点滅の関係で、写真には写真には写っていませんが、ALARM の赤色が点滅、FIBERは青色点滅なので、受光はしている状態。
OLTから切り離されたと考えて良さそうだ。

とゆーことで、Bフレッツファミリー100の終了の瞬間でした。
きれた瞬間、新しいVLANに置き換えて、再接続で完了。

サービス終了まで見届け終わりました。終了直前、回線の負荷試験をして遊んでいましたが、PPPoEで95Mbpsきっちりと出ていたので、ファミリー100のPOIは空いていたんでしょう。うひひ。超快適だったんだがな〜。

そして、サービス終了後、ONUや屋内配線を回収に来ないと言うことは、所有権を放棄したと見なして、ONUで遊んでみましょうか。とりあえず、カバーを開けてむき出しに。



この世代はがっつりと、光ケーブルにSCコネクタの頭を取り付け、そのまま取り込んでいます。
見ての通りこの黒いファイバーは屋外から入ってくる光ケーブルそのままですね。

さて、中が確認できたので、ONUはこんな感じ。昨年、交換となったため、きれいですが、2005年製。長い間保管されていたのでしょうか。
ACアダプタも2005年製でした。



物を回収されない各種ONUがあるのでガチャしてあそんでみようw
勿論東西両方w


[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[Neta][Life] PHS持ち込み端末で機種変しました

screen上のviで書きかけで一ヶ月以上放置していたので、遅くなりましたが、commitしました(笑)

2014年5月にPHSが壊れて、WX12Kに機種変しました。 この端末が、防水、Bluetooth対応ということで、使っていましたが、3年持たずと壊れました。
WX340Kの時は、今まで以上に利用頻度が高かったのですが、5年と持ちました。

今回のモデルは、使用頻度が高いと、ヒンジが壊れる、また、Bluetoothを使うと1時間とバッテリが持ちません。Bluetoothでなくとも、普通に通話すると、すぐになくなるという最悪な代物。また、ハンズフリーをするには、bluetooth以外の選択肢はありません。
さらに、できが悪く、片手でパカっとひらけると、皮膚がヒンジに挟まりけがをします。(丸で囲んだだところに隙間が有り、手の皮膚が挟まりけがをする)


また、ヒンジは中央の一カ所のみで、耐久性が乏しく、壊れました。
正直ボタンも押しにくかったし、ハンズフリーにも制約があったことなどから、今回壊れたタイミングで、WX340Kに機種変しました。

ヤフオクで端末を探したところ、1500円程度で美品が手に入り、3台確保。
今回、機種変で、WX12KからWX340Kへ持ち込み端末で機種変した記録を書いてみます。

端末が壊れ、機種変をしたのは、昨年の夏頃。
イオンにいくと、あちこちで機種変の話が出てきたので、ちょうど、ワイモバイルで機種変出来ますといってる代理店だったので、持ち込み機種変できますか?と聞いたところ、大丈夫ですよということだったので、PHSから持ち込み端末でPHSへ機種変をお願いしますといったところ、待たされること十分程度。できないといわれました。 もともとお前らの扱ってる商材だろう。ほんまに。じゃあ、どこでできるのか調べてくれ。と聞いたところ、大和八木駅前のY!mobile店だったらできるということ。ここはもともと、e-mobileからきたY!mobile店でPHS世代の店舗ではありません。しかも、駐車場が無い(ほぼ裏側にあるドコモは自前の駐車場がある。この辺、正直サービスの差だと感じる)。駐車場の有無を聞くと、市営駐車場に停めたら、サービス券を出しますということだったので、市営駐車場に車を停め、Y!mobileの店舗へ。で、PHSの端末持ち込みPHS機種変をお願いしますとつたえたところ、意味が理解出来なかったのかしばらく固まりました。

だから、現行サービスしている端末の機種変だといってるだろうが(笑)

やり方がわからないのか、本部?に電話を掛けて、また、現行のプラン引き継ぎできるか確認するところ、10分程度。
手続きできますと。おい、ちゃんと教育しろよ。

てことで、マニュアルを見ながら作業するお姉さん。
無事機種変するだけで、1時間半。たしか、むかし、機種変したとき、30分ほどだったぞ?
要領が悪い。

無事機種変が終わったので、家に帰り、電話帳を移行しようとして、WX12Kのデータをバックアップをして、WX340Kにインポートしようとしたところ出来ない。
逆は出来たような気がするが...
店舗にいき、昔やってくれた電話帳の移行をお願いしたところ、店舗にある端末はPHSが捨てたれたのか対応出来ない。
結果、赤外線で頑張るモノのプロパティが全部消える。ダメじゃん。
そういえば、 H"問屋という素晴らしいソフトがあったことを思い出して、調べてみたところ、ダウンロードできない。元々、DDIポケット時代、WILLCOM時代、機種変したときの移行ツールとして提供されていたが、Y!mobileになった瞬間、削除された。マジ糞。

ちなみに、当時のアドレスは下記の通り。
http://www.willcom-inc.com/ja/support/download/h_tonya/download/index.html

$ telnet www.willcom-inc.com 80
Trying 210.169.195.155...
Connected to www.willcom-inc.com.
Escape character is '^]'.
GET /ja/support/download/h_tonya/download/index.html HTTP/1.0

HTTP/1.1 301 Moved Permanently
Date: Thu, 03 May 2018 18:12:12 GMT
Server: Apache
Location: http://www.ymobile.jp/support/
Content-Length: 238
Connection: close
Content-Type: text/html; charset=iso-8859-1

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN">
<html><head>
<title>301 Moved Permanently</title>
</head><body>
<h1>Moved Permanently</h1>
<p>The document has moved <a href="http://www.ymobile.jp/support/">here</a>.</p>
</body></html>

301を返して、ここになるよ、と新しいURIに転送してくれても、そんな物は存在しない。

とりあえず、 WebArchiveをみるものの、ダウンロードファイルまでは存在しない。もっと掘り下げてみると、 ここからはダウンロードできる様子。

少なくとも、PHS自体提供しているんだから、公式ツールぐらい提供しつづけろ、なんのために月額費用支払ってるんだと。まじ、頭冷やしてこい>禿げ 無事、入手できたところで、H"問屋でメンテナンスして移行しましたとさ。ちなみに、Windows 7 でも問題無く動きます。 また、 携帯マスターNX7 for Y!mobileは2015年3月31日に提供を終了されてしまったので、もう入手はできません。こちらも詰んでいます。 WebArchiveをみると、H"問屋は一応Y!mobile時代にも提供していたと思われますが、その後廃止をする理由がわかりません。
今や、 過去の製品ソフトウェアダウンロード一覧には存在すら書いていません。

禿げに言いたいことは、 サービス提供してる内は、移行についてもちゃんとしろ。それだったら、いつまでたっても他に移行してもらえねーぞ。対応わりーし。移行ツールぐらい消さずにちゃんと提供し続けろ。また、キャンペーンとか抜かす前に、同じ料金でできる移行先を用意しろ。少なくとも同条件で移行できることもなく、値上がりだ。目先の1年キャンペーンとかいうが、終わった後の料金も同レベルにしろよ。メールがあることを忘れるな。メールのためだけにパケット定額?禿げ、なめとんのか、勉強し直せ。

ってことです。あ、あと、移行させるのであれば、ISDNにダイアルアップできるようにしておいてね。
IP網が死んだときの保守用なので。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[Neta] WILLCOMの意地

ウィルコムがソフトバンク系に買収され、ワイモバイルとなってずいぶん経つ。
そして、以前使えていた施設や地下商業施設で圏外になったりと、迫害されている。
今もなお、ワイモバイルのお得にとDMがひたすら来るが、全くもって、安くならず、逆に高く付く。
それ以上に音質が悪い。そんな状況で移行先が存在せず、使い続けている。

前々から気がついていたが、ネタになると言うこと、また、先日、新規加入など出来なくなったということも有り、記念に投稿する。



確定申告で、料金明細などを記録しているが、サイトの方は、ワイモバイルになったといくつも改悪という名の改修が入っているが、PDFに関しては、作成者は未だに、「株式会社ウィルコム」となっている。これは、ウィルコムの魂であり、その意地でもあるのだろうか。この意地が続く限り、私も契約はそのまま残すだろう。まあ、そもそも ワイモバイルのプランには移行先無し。ハゲグループになってしまった旧J-Phone/Vodafoneを解約して、ウィルコムを残したら買収されて、戻るというという、悲しきかな。呪われている。

というネタはさておき、 Brainsellers biz Stream Version 4.7.0 Standard editionというのが使われており、 biz-Stream v4 各種機能別動作環境一覧表を見るとずいぶん古い時代。すなわち、Windows 2003/XPがリリースされた時期の商品ということか。。。 ただ、4.7の リリースは、2012年01月31日なので、買収が2014年7月31日。単にメンテしてないだけという話もありそうだ。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年03月05日(月) [晴れ]

[Other][Life] たばこを吸う不審者がいたので、不審火をもった不審者として110番通報した

先日の出来事。
阿佐ヶ谷駅 中央総武線に乗ったところ、駅ホームでたばこをくわえて火をつけている不審者がいたので、ガチ110番通報しました。
マジ死ね。証拠写真を押さえ、通報するという簡単なお仕事です。



110番した証拠はこちら。

このあたりは、路上喫煙禁止エリア、かつ、駅ホームでは、 鉄道営業法違反になりれっきとした犯罪。
単なるたばこの通報であれば、警察は動きませんから、あくまでも本来火があっては行けない場所で火をつけている不審者がいると通報をするのが確実です。また、その証拠を写真をとっておけば、言い逃れできません。
こういう禁止されている場所で堂々とたばこを吸うようなのは人間性に問題がありますので、さっさとお灸を据えるのが吉です。
また、私の場合ぜんそくがあり、発作が出た場合は、傷害罪で告訴可能です。

通報する前に、駅員がいないか探したところ、ホームにも駅員がいないため、呼ぶことができませんでした。 結果、通報をしました。事件ですか?事故ですか?ときかれたので、不審者が火をもってますといい、詳細をみたままありのまま、伝えました。
「たばこですか?」と聞かれましたが、「たばこみたいなものをもっているようですが、あくまでも不審な行動をしている不審者が不審火をもっているので、通報しています」と伝えています。
私は電車が北ので、そのまま乗りますが、後の対応はお願いしますと伝え、電車に。

ということで、路上でたばこを吸う人は許しませんので、バシバシと通報、ポリを呼びますので、私の周りでは、たばこを吸わない事をおすすめします。

ちなみに、別件でもっと悪質な件は119番したほうがよかったなとおもったのですが圏外のため通報できませんでした。。。これは、建物で禁煙と記載があり、毎年張り紙が増えている状態。
ターマック主催の女川ラリーです。
建物内で堂々とたばこを吸うということで、指摘したら逆ギレというひどい老害。
建物の占有といういいわけは通用しません。消防法に関係していますから。裏取りをして、つぶすつもりで、各所に根回しも終わっています。もちろんJAFにも通報しています。

顔写真および吸っている証拠写真は消しているモノのやりとりはこんな感じの記録。

くれぐれもたばこには注意してください。不審者として通報されないためにも。

.  『やりすぎ』
おさっち  『もっとやって良いですよ!!』
[ コメントを読む(2) | コメントする ]

[] 浩太郎丸@阿佐ヶ谷

通院の帰り、一人もつ鍋歓迎で980円だったので、訪問。
実は昨年の阿佐ヶ谷七夕祭りの最終日ラストに商店街を歩いていたら、もつ鍋出汁ベースのラーメンを無償提供しており、ごちそうになりとてもおいしかったのと、いただいたので次回いかねば!とおもっていたので今回訪問です。

見事カウンター席(?) 自主弁机? に案内されました。

オーダーして数分で着丼。
こんな感じ!



塩味です!



十分に野菜をとれたなーとおもったのですが、少し物足りなかったと、鶏を食べたい気分になったので、オーダー。` 確か980円ぐらい。
もつ鍋のお得感を感じると割高に感じるけど、単品としてはとてもおいしい鶏でした。
宮崎地鶏の焼き鳥を思い出す〜♪



浩太郎丸 (【旧店名】悠玄亭)
東京都杉並区阿佐谷南1-36-16 第57東京ビル 2F
050-5590-0258
ランチ:〜14:30 17:00〜翌1:00(L.O.24:00)

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2018年03月04日() [晴れ]

[] 手打ちうどん 平作@小平市

このあたりでおうどんというと、小平うどんか武蔵野うどん、東村山うどんという感じで、気になっていたお店の一つに訪問しました。

場所は青梅街道沿いで、手打ちうどんが目印。。



武蔵野うどんの味 平作うどん

比較的広めの駐車場があるので、駐車して入店。
閉店ギリギリに駆け込んだけど、丁寧な対応。結構ご年配の方がおおく、ほっこりする雰囲気。
閉店間近ということで、テーブルがあいていたが、端っこの狭いカウンターに通されたのは少し残念ではあった。 また、閉店間際ということも有り、だし巻き卵、天ぷらといったいろんなものがが売り切れ。仕方ないですね。







鍋焼きうどんも気になりましたが、値段も高く、今回は、肉南せいろにしました。







つるんとしたのどごしのうどん。
結構塩分の強いおうどんで、香川でうどんを自分で打ったときの味にとても似ていた。肉南蛮はどろっとしたつゆ。
これはこれで、よくおうどんに絡んでおいしい。

次回は、桜の咲く頃に訪れてみます。
ここはどうやら、桜がお店にかかるようで、ちょっと見てみたいです。

手打ちうどん 平作
042-461-6945
東京都小平市花小金井8-26-19
AM11:00-PM3:30(木曜定休)


  番外編@武蔵野神社:

平作の裏は武蔵野神社。
散歩してきました。

説明は、 武蔵野神社当たりを見ていただければ!



なぜか歩いていると横にボーイスカウトが!!
若くてぴちぴちの男子がっ(ちがう!!
小平第1団らしい。


あ、可愛いからといって、襲ったりしませんので:)

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[NTT] フレッツ回線が死亡、OTDRがあって助かった、そして復旧。

2/5 15:29 にメイン回線が落ちたので、スイッチ故障かと思いきや、回線が死んでいたので、故障・修理対応してもらった経緯です。 落ちたタイミングとして、smokepingが手っ取り早くわかりやすいですね。



他の回線も同時に落ちていたので、スイッチが故障したのかなとおもい、駆けつけて22時頃到着。
ブレーカーも落ちていなければ、スイッチも生きていましたが、ONUのアップリンクが死んでいる事に気づきました。。
パワーメーターやOTDRなどあれば、その場で簡易的な試験および切り分けができるのですが、さすがに想定しておらじ、手持ちには無かったので、切り分けをどうするか悩みました。常に、パワーメーターとOTDRは持ち歩かないとダメですね。 案の定、メインではない検証回線が生きていたので、検証回線を殺し、既存のONUを移植したらリンクが上がるったため、受光は正しく出来、ONUの単一故障ではない様子.... さらに、通信も回復したので、どうやら同じ線番(=スプリッタ配下)のようです。

フレッツは、ONUのMACアドレスで認証し、そのMACに基づいて、どのVLANに接続するか決定される。
すなわち、同じ線番(同じスプリッタ配下)であれば、認証が出来てしまいます。
なぜ出来るかというと、NTT局舎から、4分岐+架空(電柱のクロージャーやPD内のスプリッタ)8分岐であり、光を分岐してるだけにすぎず、下りトラフィックはすべて届いています。言い換えれば、他者/他ONU宛のトラフィックももちろん見えています(厳密には自分のMACではない宛先をONUで破棄しているに過ぎない)。
上記のことから同じ線に入ると、紐は紐、ONUは単体のONUとして、ガチャが出来できてしまいます。

ただし、今回の回線は2013年頃に敷設したNTT東日本フレッツネクスト(PPPoE:下り200/登り100, IPoE:下り1G/登り100M)の回線。
今回生きていた、検証回線はギガスマート。こちらは昨年の夏頃に敷設。
回線種別が異なり、後者は小型ONUのモデルであるが、同じ線番であった。言い換えると、局側OLTは同一の装置になるのだろうか。謎だ。

とりあえず、こちらが生きていたので、そちらにONUを移植して、PPPoEおよび、IPoEの疎通を確認。
なぜ、既存の検証回線に移設しなかったかというと、理由は次の通り。

IPoE/VNEの閉域を使用したVPNを構築しているため、異なる回線になると、IPv6アドレスが変わります。また、検証回線は常設回線では無い為、復旧時にまた、設定変更が必要となりまし。そのような背景から、ONUごと移設し、同じネットワークを敷設する必要があるりました。

さて、原因の切り分けが出来たところで、NTTに23時頃ゴルァと電話した所、折り返し15分後に簡易試験をおこなって、連絡がありました。複数回線のCAF番を伝え、回線ガチャをしたら問題が無かったこと、私設内の設備には問題が無いことを伝えたところ、早急に伺いますとのこと。翌日16時頃に来ました事前にパワーメーターやOTDRがあれば、もう少し事前に調査が可能であったが、あいにくそのタイミングでは手元に無く、共和エクシオが持参したパワーメーターおよびOTDRで検査。まず、受光出来ないので、端末側からOTDRを当てると、ただしく検査出来ないと。
宅内設置PD下に生きている他の回線があるので、そちらにOTDRをあてて、どのような波形か比較。手元にある図面と基本的に一致していること、距離をメモ。 今の状態だとどっちが悪いかも判断ついていないので、対向から光をだしてみないとわからないのでは、という話をしつつ、何度か試験したらとれた様子。
ちゃんとクリーナーでクリーニングしようよ....」とおもったのですが、持参していなかったらしい。。。。 参考に、端面は、アルコールで拭いてました。。。障害発生時の切り分けであっても、フレッツってその程度の対応なの!?



結局、この検査では、手前および100m先で大きくレベル低下していると言うことも有り、ここが被疑箇所とのこと。 手前でこんなに落ちてるってことは、宅内にも影響があるのか!?という感じ。。
OTDRは、 LBT-102という 成和技研製のようで、製造は 古河電工製のもの。

この箇所は、交通を止めないといけないので、ガードマンなど手配が必要のため、今から対応できないとのこと。
いつであれば最短で対応出来るかと確認したところ、日曜日にしてほしいといわれ、日曜日、幹線道路を止めて工事。大渋滞です。

ちょっと腑に落ちなかったので、別途OTDRを手配して自分で検査してみたところ、異なる結果に。
確かに、100m先でレベルが落ちているのは確かではあるが、本当の障害はそこではないと感じていた。
100mではレベルが落ちているが、その先も届いているということ。

ということで、自前検査。



やはり、100m先で落ちてるが、その先300m地点までは一応検査が通る。
このあたりにスプリッタが入っているので、その先は検査が出来ないが、ここまで届くことは間違いなさそう。
スプリッタとの接続点がそもそも問題があったと私は診断。とはいいつつも、100mの地点で3dbも落ちているのは少しひどいので、しっかりとこちらもチェックするように指示。OTDRさんもNG判定を出している。
※ 写真は、1310nmだったけど、1550も併せて確認してます。フレッツのシングルは1550nmデス。

まずは、可視光を当てて、被疑箇所の300m先を点検。
NTT-AT製の可視光源です。
中にはクリーナー付き。


やはり、予測通りコネクタが死んでいたらしく、光が出ていなかったとのこと。付け直して、測定すると、局からのレベルが-28dbなので、NG判定を申し渡して、100m地点のコネクタを付け直してもらいました。

クロージャー内での作業写真。





無事対応が終わり、測定結果、-23dbちょい。ギリギリ。
田舎ですからね〜。
都度こちらのOTDRでも確認するというひどい状況。手が抜けませんね。しかも、簡易OTDRではなく、ちゃんとしたやつ。

いろいろと話をしていると、夏場と冬場、どちらが故障多いですか?と聞いたところ、圧倒的に冬場とのこと。
冬場は寒さによりコネクタの収縮が有り、エラーを出しやすいとのこと。
逆に架空でのトラブルはあまりないとのこと。割合的には、1:4 〜 1:10ぐらいといってたかな?(これを書いているタイミングでは記憶が曖昧)

クマゼミ被害もでなくなったんですかね〜。といったら、一人は意味が理解したらしく、研究論文とかみてるんですか?ときかれて、「モチロンデスヨ。」と笑顔で返した。どちらかというと、夏場の故障の原因の多くは、カラスが光るを好むらしく、持っていこうとして切断されて障害になることは多々ありますね、と。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2017年11月19日() [晴れ]

[IPv6] 「各通信事業者のWebサイトがどの程度IPv6 Onlyに対応しているサイトがどの程度あるか調べてみた」という記事を書いてみて

先日書いた 各通信事業者のWebサイトがどの程度IPv6 Onlyに対応しているサイトがどの程度あるか調べてみた という記事について、いろいろとフィードバックがありましたので、サマリーでまとめてみました。

などなど、いろいろな声をいただきました。でも、業界に激震の走るネタ投稿だったようです。ほんと、自分でもよく調べましたw 技術がわからない一般peopleなのにー。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[IPv6][Server][Network][Internet] さくらのVPSでIPv4 over IPv6 ルータを作ってみたよ

先日、さくらのVPS ミートアップでしゃべった内容を公開したよ。
てか、とっくに公開していたんだけど、紹介するのわすれてた(てへ

実は、 9/24に書いていた記事のネタはこれだったんだ♪

この記事を書いたら、さくらの中の人はええええええーーー。。。とか、他の人はこう言うの大好きだよ、とか、某社で実装しようとしてたの先こされちゃった、とか、いろいろな人に言われました。。。(汗

田中さんには、大阪発の会社で、本社が大阪。ネットワークという観点では大阪を盛り上げようとしている業界の動きの中、大阪で提供をやめるのは、それに反するよ、と伝えました。この記事を見て、大阪に営業しようとしているところもあるようでそんな動きも見えました。ぃぇぃ、大阪!関西人魂!

  『transix、余裕で>4kセッション持てるのですが』
[ コメントを読む(1) | コメントする ]

[Linux][Server] エレコム NSB-3NR1T1MLV NetStor/NSB-3NRVシリーズ/BOX型LinuxNAS/1Bay/1TB

堂前さんがしれっとつぶやいた投稿。

この 記事によると、

NTT-X Storeは、エレコム製の1ベイNAS「NetStor BOX型 LinuxNAS 1Bay NSB-3NRVシリーズの1TBモデル」を通常価格8,980円のところ、7,980円の特別価格で販売している。 Western DigitalのNAS向け高耐久HDD「WD Red」を搭載しており、同シリーズの1TBモデルが7千円台半ばの価格で売られていることから、実質的に500円程度でNAS筐体を購入できる計算となる。

しかも、LANポート、WANポートと有り、INTERNET側につなぐという不思議な構造。
あたしには、よくわかりませんが、なんか、凄そうです。

純粋に汎用ボードの上に乗せたんだろうというところでしょうか。面白そうなので買ってみましょう。よく分からないので、とりあえず、大枚、お小遣いでなんとか工面してみました。パソコンもサーバーも組み込みも超絶初心者のよくわからない女子が買ってみました(^-^)

ギガ単価が一番おいしく、Amazonなどで見ても4TBの金額よりこちらの方が安いってことが分かったので、4TBモデルを2台ぽちっとしました。数ヶ月分のお小遣いがΣ@@;!! みんなー!アフィリエイトで助けて!この記事みて、よかったらポチッとしてやー!還元してちょ!記事の元ネタになるのだぁ!

で、正直1TBのHDDは大量にゴロゴロとあるってじっちゃんが言ってた(気がする!)ので、4TBにしました。

さてさて、しばらくすると、届きました!!
NASちゃん、おたんこなすちんにならないとおもう、SOHO向けナスちゃん!


おお、噂通り、CONSOLEポートも、LANポートも、INTERNETポートもあるよ!きっとルータなんだよね。お得♪


でもね、欲しいのは、4TBのHDDが欲しいの。単体で買うよりこっちの方が安かったので、本体壊れてもいいやって思ったぐらいなので、早々分解して、HDDだけ抜き取っちゃった(てへ
これぞ、解体SHOW!!

どこからみても、ねじが見つからなかったので、カバーは接着か爪でハメてるだけだとおもって、ヘラを突っ込んでみたところ、見事に正解。分解は、iPhone修理用分解キットとか、ああいうのがあると便利です。

上カバーを外したところ(右)


上カバーを外したところ(左)


爪の位置(左)


上面上


ポート類(背面)


真上


正面


アルミ保護保護シート(兼放熱用?)を外したところ


真上


基板


ということで、余ってるHDDに交換しましょね。適当にごそごそ探してきました。


WD Black 1TBが大量に出てきたのでこちらに交換。Enterprise用のHDDってやつらしいです。


装着してみました。

コンソールに接続してみました。もちろんLAN側も♪


そして、シリアルコンソールを接続して電源ONにしました。
Cisco準拠のロールオーバーケーブルで115200bpsでつなげばコンソールがとれますね。


ということで、電源ボタンを押して、起動すると、failsafeに落ちれるチャンスがあるので、すかさず落ちてみます。



落ちたらすかさず、パスワードクラックを(w

VFS: Mounted root (squashfs filesystem) readonly on device 31:4.
devtmpfs: mounted
Freeing init memory: 232K
- preinit -
Press the [f] key and hit [enter] to enter failsafe mode
f
- failsafe -


BusyBox v1.17.3 (2017-06-28 14:15:13 JST) built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

_________     ______________           _________      _____
__  ____/________  /_____  /_____________  ____/_____ __  /_____
_  / __ _  __ \_  /_  __  /_  _ \_  __ \  / __ _  __ `/  __/  _ \
/ /_/ / / /_/ /  / / /_/ / /  __/  / / / /_/ / / /_/ // /_ /  __/
\____/  \____//_/  \__,_/  \___//_/ /_/\____/  \__,_/ \__/ \___/
C O R T I N A  S Y S T E M S  Network Processor

root@(none):/# cat /etc/passwd
root:p9y5REkVRfJZE:0:0:root:/root:/bin/ash
lp:x:4:7:lp:/var/spool/lpd:/bin/sh
nobody:x:65535:65535:nobody:/nonexist:/bin/sh
guest::65534:65535:Guest:/nonexist:/bin/sh
mysql:$1$$RmyPVMlhpXjJj8iv4w.Ul.:6000:6000:Linux User,,,:/home/mysql:/bin/sh
daemon:$1$$RmyPVMlhpXjJj8iv4w.Ul.:7000:7000:Linux User,,,:/home/daemon:/bin/sh
ftp:x:55:55:ftp:/home/ftp:/bin/ash
cortina:x:50:50:cortina:/home/cortina:/bin/ash
sshd:x:22:22:sshd:/var/empty/.sshd:/bin/false
root@(none):/#

johnにかけてみます。root って何でしょうか。MD5でもSHAでも無い感じ。。。

tomo@test:~/.john$ john  elecom2
Loaded 2 password hashes with no different salts (FreeBSD MD5 [128/128 SSE2 intrinsics 4x])
123456           (daemon)
123456           (mysql)
guesses: 2  time: 0:00:00:02 DONE (Sun Nov 19 22:51:33 2017)  c/s: 25472  trying: 123456 - password1
Use the "--show" option to display all of the cracked passwords reliably
tomo@test:~/.john$

rootだけは解けません。うーん。。
調べたら、root は 「Fmfdp03!」らしいです。

rootでちゃんとログイン出来ました♪

ということで、U-BOOTおよびdmesgをおいちゃうよ。

ログイン出来たらいろいろな情報を取得しちゃいましょう。

root@nsb-3nr_series:~# uname -a
Linux nsb-3nr_series 3.4.86 #1 SMP PREEMPT Wed Jun 28 15:39:33 JST 2017 armv7l GNU/Linux

root@nsb-3nr_series:~# cat /proc/version
Linux version 3.4.86 (igarashi@igarashi-VirtualBox) (gcc version 4.5.2 20101126 (Linaro) [release 4.5-2010.12-0] (GCC) ) #1 SMP PREEMPT Wed Jun 28 15:39:33 JST 2017
root@nsb-3nr_series:~# cat /proc/cpuinfo
Processor       : ARMv7 Processor rev 1 (v7l)
processor       : 0
BogoMIPS        : 1594.16

processor       : 1
BogoMIPS        : 1594.16

Features        : swp half fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 7
CPU variant     : 0x2
CPU part        : 0xc09
CPU revision    : 1

Hardware        : CORTINA-G2 EB
Revision        : 7542a1
Serial          : 0000000000000000
root@nsb-3nr_series:~# cat /proc/meminfo
MemTotal:         890000 kB
MemFree:          734608 kB
Buffers:             684 kB
Cached:             9840 kB
SwapCached:            0 kB
Active:           120420 kB
Inactive:           5488 kB
Active(anon):     115556 kB
Inactive(anon):      628 kB
Active(file):       4864 kB
Inactive(file):     4860 kB
Unevictable:           0 kB
Mlocked:               0 kB
SwapTotal:        976828 kB
SwapFree:         976828 kB
Dirty:                 0 kB
Writeback:             0 kB
AnonPages:        115456 kB
Mapped:             8808 kB
Shmem:               760 kB
Slab:              18832 kB
SReclaimable:       2648 kB
SUnreclaim:        16184 kB
KernelStack:         968 kB
PageTables:          948 kB
NFS_Unstable:          0 kB
Bounce:                0 kB
WritebackTmp:          0 kB
CommitLimit:     1421828 kB
Committed_AS:     152260 kB
VmallocTotal:    1155072 kB
VmallocUsed:      538544 kB
VmallocChunk:     338304 kB
root@nsb-3nr_series:~# df -k
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/root                84736     84736         0 100% /rom
devtmpfs                444884         0    444884   0% /dev
tmpfs                   445000       736    444264   0% /tmp
/dev/mtdblock5          174080      4148    169932   2% /overlay
overlayfs:/overlay      174080      4148    169932   2% /
/dev/md1                960440        20    911632   0% /nasmiru
/dev/md3                961464     17772    894852   2% /openwrt/usr/local/system/backup
/dev/sda6            972380020  33587408 938792612   3% /volNAS/Disk1
root@nsb-3nr_series:~#
root@nsb-3nr_series:~# mount
rootfs on / type rootfs (rw)
/dev/root on /rom type squashfs (ro,relatime)
devtmpfs on /dev type devtmpfs (rw,relatime,size=444884k,nr_inodes=111221,mode=755)
proc on /proc type proc (rw,relatime)
sysfs on /sys type sysfs (rw,relatime)
tmpfs on /tmp type tmpfs (rw,nosuid,nodev,relatime)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,relatime,mode=600)
/dev/mtdblock5 on /overlay type jffs2 (rw,relatime)
overlayfs:/overlay on / type overlayfs (rw,noatime,lowerdir=/,upperdir=/overlay)
/dev/md1 on /nasmiru type ext2 (rw,relatime,errors=continue)
/dev/md3 on /openwrt/usr/local/system/backup type ext4 (rw,relatime,data=ordered)
debugfs on /sys/kernel/debug type debugfs (rw,relatime)
nfsd on /proc/fs/nfsd type nfsd (rw,relatime)
/dev/sda6 on /volNAS/Disk1 type xfs (rw,relatime,attr2,noquota)
/dev/sda6 on /shares/test1 type xfs (rw,relatime,attr2,noquota)
root@nsb-3nr_series:~#
root@nsb-3nr_series:~# parted -l
Model: ATA GB1000EAMYC (scsi)
Disk /dev/sda: 1000GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt

Number  Start   End     Size    File system     Name       Flags
 1      21.0kB  1000kB  979kB                   SYS
 2      1049kB  1000MB  999MB                   SYSRFS1
 3      1000MB  2000MB  999MB   ext2            SYSRFS2
 4      2000MB  3000MB  1000MB  linux-swap(v1)  SWAP
 5      3000MB  4000MB  1000MB  ext4            SYSBACKUP
 6      4000MB  1000GB  996GB   xfs             primary


Error: /dev/md0: unrecognised disk label

Model: Linux Software RAID Array (md)
Disk /dev/md1: 999MB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: loop

Number  Start  End    Size   File system  Flags
 1      0.00B  999MB  999MB  ext2


Model: Linux Software RAID Array (md)
Disk /dev/md2: 1000MB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: loop

Number  Start  End     Size    File system     Flags
 1      0.00B  1000MB  1000MB  linux-swap(v1)


Model: Linux Software RAID Array (md)
Disk /dev/md3: 1000MB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: loop

Number  Start  End     Size    File system  Flags
 1      0.00B  1000MB  1000MB  ext4


Error: /dev/mtdblock0: unrecognised disk label

Error: /dev/mtdblock1: unrecognised disk label

Error: /dev/mtdblock2: unrecognised disk label

Error: /dev/mtdblock3: unrecognised disk label

Error: /dev/mtdblock4: unrecognised disk label

Error: /dev/mtdblock5: unrecognised disk label

Error: /dev/mtdblock6: unrecognised disk label

Error: /dev/mtdblock7: unrecognised disk label

root@nsb-3nr_series:~#
root@nsb-3nr_series:~# cat /proc/ioports
80000000-80000fff : PCIe 0 Base Space
80001000-80005fff : PCIe 0 I/O Space
a0000000-a0000fff : PCIe 1 Base Space
a0001000-a0005fff : PCIe 1 I/O Space
c0000000-c0000fff : PCIe 2 Base Space
c0001000-c0005fff : PCIe 2 I/O Space
e0000000-ffffffff : cs752x_nand.0
  f0000000-f00000bb : global
  f0070064-f007009f : spi
  f00700e8-f007010f : i2c
  f00701d0-f00701ef : gpio0
  f00701f0-f007020f : gpio1
  f0070210-f007022f : gpio2
  f0070230-f007024f : gpio3
  f0070250-f007026b : gpio4
  f0090700-f0090757 : ssp0
  f0090780-f00907d7 : ssp1
  f4040000-f40400ff : g2_rw
  f4080000-f417ffff : dwc_otg
  f4921000-f4921033 : cir
    f4921000-f4921033 : cir
  f4927000-f49270f7 : spdif
  f6600000-f66c0000 : spacc0
  f6700000-f67c0000 : spacc1
root@nsb-3nr_series:~#
root@nsb-3nr_series:~# lsmod
Module                  Size  Used by    Tainted: G
cs_sdk_cb               6636  0
rtl83xx               171736  0
g2_buildid               572  0
ohci_hcd               17821  0
arptable_filter          544  0
arpt_mangle              784  0
arp_tables              7744  1 arptable_filter
nfnetlink_queue         5672  0
nfnetlink_log           5440  0
nf_nat_sip              4524  0
nf_conntrack_sip       14240  1 nf_nat_sip
nf_nat_pptp             1444  0
nf_conntrack_pptp       2940  1 nf_nat_pptp
nf_nat_h323             4332  0
nf_conntrack_h323      32320  1 nf_nat_h323
nf_nat_proto_gre         714  1 nf_nat_pptp
nf_conntrack_proto_gre     2504  1 nf_conntrack_pptp
nf_nat_amanda            596  0
nf_conntrack_amanda     1464  1 nf_nat_amanda
ehci_hcd               32932  0
quota_v1                1728  0
root@nsb-3nr_series:~#

sshがあいてるぞっと♪

root@nsb-3nr_series:~# netstat -an | grep LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:8001            0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:9090            0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 192.168.80.170:35011    0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:873             0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:111             0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 192.168.80.170:10000    0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:80              0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:880             0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:22              0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 127.0.0.1:5335          0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:443             0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:1723            0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 :::873                  :::*                    LISTEN
tcp        0      0 :::139                  :::*                    LISTEN
tcp        0      0 :::22                   :::*                    LISTEN
tcp        0      0 :::445                  :::*                    LISTEN
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING       2885 /var/run/avahi-daemon/socket
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING       2655 /tmp/cgi.sock
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING       2775 /var/run/dbus/system_bus_socket
root@nsb-3nr_series:~#

見ての通り、データディスクには、データしか入っていないため、簡単にHDDが交換できちゃいますね。

ということで、純正のHDDではなく、さらに高級品のEnterprise系であるWD Blackを搭載してしまいましたが、ベンチマークを撮ってみます。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.0.2 x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :    48.684 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :    36.726 MB/s
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :     1.063 MB/s [   259.5 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :     3.293 MB/s [   804.0 IOPS]
         Sequential Read (T= 1) :    33.762 MB/s
        Sequential Write (T= 1) :    45.929 MB/s
   Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) :     0.894 MB/s [   218.3 IOPS]
  Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) :     1.045 MB/s [   255.1 IOPS]

  Test : 32768 MiB [M: 0.0% (0.0/927.3 GiB)] (x2)  [Interval=5 sec]
  Date : 2017/11/19 22:09:28
    OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

シーケンシャルRead/Writeともに非常に遅いデス。単発でディスクに書くと、2倍は出てくれないと困ります。
原因を調べてみるため、ログインした状態でモニタリング。

root@nsb-3nr_series:~# iostat -x sda 1
Linux 3.4.86 (nsb-3nr_series)   11/20/17        _armv7l_        (2 CPU)

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           3.38    0.00    8.01    0.15    0.00   88.46

Device:         rrqm/s   wrqm/s     r/s     w/s   rsec/s   wsec/s avgrq-sz avgqu-sz   await  svctm  %util
sda               0.41     0.02    0.17    0.42     2.14   348.08   588.44     0.09  141.75   0.00   0.28

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           2.00    0.00   92.50    0.00    0.00    5.50

Device:         rrqm/s   wrqm/s     r/s     w/s   rsec/s   wsec/s avgrq-sz avgqu-sz   await  svctm  %util
sda               0.00     0.00    0.00   74.00     0.00 67264.00   908.97    14.47  237.30   0.00  34.00

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           4.50    0.00   60.00    0.00    0.00   35.50

Device:         rrqm/s   wrqm/s     r/s     w/s   rsec/s   wsec/s avgrq-sz avgqu-sz   await  svctm  %util
sda               0.00     1.00    0.00   60.00     0.00 55168.00   919.47     9.39  187.83   0.00  24.00

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           1.00    0.00   50.50    0.00    0.00   48.50

Device:         rrqm/s   wrqm/s     r/s     w/s   rsec/s   wsec/s avgrq-sz avgqu-sz   await  svctm  %util
sda               0.00     1.00    0.00   69.00     0.00 63104.00   914.55    15.16  219.71   0.00  34.00

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           3.00    0.00   48.00    0.00    0.00   49.00

Device:         rrqm/s   wrqm/s     r/s     w/s   rsec/s   wsec/s avgrq-sz avgqu-sz   await  svctm  %util
sda               0.00     9.00    0.00   75.00     0.00 67840.00   904.53    16.65  222.00   0.00  36.00

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           4.50    0.00   48.50    0.00    0.00   47.00

Device:         rrqm/s   wrqm/s     r/s     w/s   rsec/s   wsec/s avgrq-sz avgqu-sz   await  svctm  %util
sda               0.00    10.00    0.00   76.00     0.00 65843.00   866.36    16.74  218.29   0.00  40.00

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           6.06    0.00   63.64    0.51    0.00   29.80

Device:         rrqm/s   wrqm/s     r/s     w/s   rsec/s   wsec/s avgrq-sz avgqu-sz   await  svctm  %util
sda               0.00     1.00    0.00   82.00     0.00 68038.00   829.73    17.86  219.63   0.00  45.00

^C
root@nsb-3nr_series:~#
root@nsb-3nr_series:~#  vmstat 1
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ----cpu----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa
 3  0      0 515728   1076 221632    0    0    47   236  612  876  3  9 88  0
 3  0      0 474684   1264 260840    0    0   181 40884 2927 1269  9 85  6  0
 4  0      0 433976   1440 300368    0    0   168 20500 2994 1076 14 82  5  0
 3  0      0 394280   1676 339244    0    0   227 20148 3018 1302  6 88  6  0
 3  0      0 359188   1780 373452    0    0   101 40184 3582 2870 16 78  6  0
 5  0      0 545204    404 190528    0    0   441 34368 4369 5688 26 73  2  0
 4  0      0 706224   1104  31660    0    0   668 19456 2816 2230 15 76  8  2
 3  0      0 676216   1664  59984    0    0   547 23936 2504 1137 22 70  7  0
 2  0      0 644348   2008  90900    0    0   326 31936 2603  566 21 76  4  0
 2  0      0 612852   2348 120780    0    0   325 32448 2473  524 27 70  3  0
 3  0      0 582052   2624 149280    0    0   271 31704 2429  795 22 72  7  1
 3  0      0 561144   2696 170004    0    0    76 25512 4533 5509 33 65  2  0
 1  0      0 528284   2700 202440    0    0     3 24832 3800 2367  5 52 44  0
 1  0      0 494928   2700 235312    0    0     0 34240 3075  478  4 48 49  0
 1  0      0 461324   2700 268180    0    0     0 33464 3092  498  3 49 49  0
^C
root@nsb-3nr_series:~#
root@nsb-3nr_series:~# mpstat -P ALL 1
Linux 3.4.86 (nsb-3nr_series)   11/20/17        _armv7l_        (2 CPU)

00:51:26     CPU    %usr   %nice    %sys %iowait    %irq   %soft  %steal  %guest   %idle
00:51:27     all    3.50    0.00   41.00    0.00    0.00   34.00    0.00    0.00   21.50
00:51:27       0    0.00    0.00   21.00    0.00    0.00   68.00    0.00    0.00   11.00
00:51:27       1    7.00    0.00   61.00    0.00    0.00    0.00    0.00    0.00   32.00

00:51:27     CPU    %usr   %nice    %sys %iowait    %irq   %soft  %steal  %guest   %idle
00:51:28     all    6.00    0.00   38.00    0.00    0.00   26.00    0.00    0.00   30.00
00:51:28       0    7.00    0.00   39.00    0.00    0.00   52.00    0.00    0.00    2.00
00:51:28       1    4.90    0.00   38.24    0.00    0.00    0.00    0.00    0.00   56.86

00:51:28     CPU    %usr   %nice    %sys %iowait    %irq   %soft  %steal  %guest   %idle
00:51:29     all    3.96    0.00   52.97    0.00    0.00   36.14    0.00    0.00    6.93
00:51:29       0    0.00    0.00   27.72    0.00    0.00   72.28    0.00    0.00    0.00
00:51:29       1    8.08    0.00   77.78    0.00    0.00    0.00    0.00    0.00   14.14

00:51:29     CPU    %usr   %nice    %sys %iowait    %irq   %soft  %steal  %guest   %idle
00:51:30     all    5.00    0.00   49.00    0.50    0.00   36.00    0.00    0.00    9.50
00:51:30       0    0.00    0.00   18.00    1.00    0.00   71.00    0.00    0.00   10.00
00:51:30       1   10.00    0.00   80.00    0.00    0.00    1.00    0.00    0.00    9.00
^C
root@nsb-3nr_series:~#
top - 00:49:21 up  1:33,  0 users,  load average: 0.90, 0.62, 0.70
Tasks: 115 total,   2 running, 113 sleeping,   0 stopped,   0 zombie
Cpu(s):  7.4%us, 47.4%sy,  0.0%ni, 10.2%id,  0.0%wa,  0.0%hi, 35.0%si,  0.0%st
Mem:    890000k total,   449916k used,   440084k free,      652k buffers
Swap:   976828k total,        0k used,   976828k free,   296192k cached

  PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S %CPU %MEM    TIME+  COMMAND
 7571 nobody    20   0 13584 3608 2876 R   82  0.4   5:33.53 smbd
 2837 root      20   0 13604  936  548 S   65  0.1   7:08.46 lcdNotifyD

ふむ...sysもsambaもやたら高い。。ディスクは十二分に遊んでいるので、そもそもNASの性能が出ていません...
明らかにCPUボトルネックのように見えます。sambaがCPUパフォーマンスに影響され性能がでていません。
iowaitも割り込みも大きいので、バス帯域も足りていない?のかなぁ。

仕方ないので、まず、単独テスト。

root@nsb-3nr_series:~# time dd if=/dev/zero of=/shares/test1/testblock bs=512k count=10240
10240+0 records in
10240+0 records out
real    0m 44.64s
user    0m 0.06s
sys     0m 37.71s
root@nsb-3nr_series:~# ls -alh /shares/test1/testblock
-rw-r--r--    1 root     root        5.0G Nov 20 00:39 /shares/test1/testblock
root@nsb-3nr_series:~#
root@nsb-3nr_series:~# iostat -x sda 1

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           1.00    0.00   60.00   34.00    0.00    5.00

Device:         rrqm/s   wrqm/s     r/s     w/s   rsec/s   wsec/s avgrq-sz avgqu-sz   await  svctm  %util
sda               0.00     0.00    0.00  214.00     0.00 194792.00   910.24   142.96  639.39   0.00 100.00

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           1.50    0.00   81.00    6.00    0.00   11.50

Device:         rrqm/s   wrqm/s     r/s     w/s   rsec/s   wsec/s avgrq-sz avgqu-sz   await  svctm  %util
sda               0.00     0.00    0.00  261.00     0.00 239176.00   916.38   136.71  578.24   0.00 100.00

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           0.00    0.00   66.00   20.50    0.00   13.50

Device:         rrqm/s   wrqm/s     r/s     w/s   rsec/s   wsec/s avgrq-sz avgqu-sz   await  svctm  %util
sda               0.00     0.00    0.00  232.00     0.00 211656.00   912.31   137.59  568.53   0.00 100.00


root@nsb-3nr_series:~# vmstat 1
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ----cpu----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa
 1  0      0 622812    904 115316    0    0     0     0  430  301  0 38 62  0
 2  1      0 534796     48 202368    0    0     0 139956 3075 5520  1 80  2 17
 1  0      0 426024    504 309324    0    0   435 11608  605  475  0 69 32  0
 1  1      0 283300    504 449752    0    0     0 169988  579  300  0 62  2 37
 1  0      0 150248    552 580404    0    0    46 51208  689  330  1 57 36  7
 2  1      0  16328    552 712288    0    0     0 114180 1489 2308  1 64 26 10
 3  0      0  18312    552 710308    0    0     0 107020 3087 5355  1 72  6 21
 3  0      0  14716    108 713724    0    0     0 106504  657  383  0 61  6 34
 1  1      0  16576    108 712068    0    0     0 116812  634  392  0 68 11 21
 2  1      0  16948     72 712276    0    0     0 110021  642  381  0 63 12 26
 3  0      0  18560     72 710004    0    0     0 106564 2012 3122  1 74  0 25
 1  1      0  15956     72 713120    0    0     0 124936 3205 5639  3 75  7 17
 3  1      0 245256    368 486996    0    0   317 104968  669  525  1 83  4 13
 2  1      0 102756    480 627492    0    0   110 107528  589  341  0 64  0 37
 2  1      0  17072    520 711180    0    0    38 121864  650  367  1 62 10 29
 2  2      0  17792    584 710424    0    0    61 107528  613  404  1 68  0 31
 4  1      0  15412    632 712704    0    0    54 114184 3491 6271  3 84  0 13
 1  1      0  17196    632 710796    0    0     0 114696 1125 1358  1 63  0 36
 2  0      0  17576    220 710876    0    0     0 108044  632  365  1 63  1 36
 2  1      0  16088    184 712360    0    0     0 99992  625  386  0 64  0 37
 1  1      0  16088    184 712480    0    0     0 110604  671  390  1 58  0 42
 1  1      0  17708    124 710960    0    0     0 112136 3262 5567  2 72  8 20
 1  1      0  18112     80 710616    0    0     0 120840  691  369  1 55  0 45
 1  1      0  64736    484 664756    0    0   435 115212  677  596  1 81  0 17
 1  1      0  18516    524 709444    0    0    38 114696  664  356  1 54  0 45
root@nsb-3nr_series:~#

この場合はディスクの性能を使い切れるが、systemおよびiowaitを見る限り、ぎりぎりの性能。

ま、この程度でよければ、十分素敵なNASでしょう。
次回は、これをルータにしたり、カスタマイズしたりできるか、実験してみましょ〜♪

Guevara  『>実験してみましょ〜♪  初めまして。  私はNSB-3MS4T2BLVですが、買ったので、今後の実験を期待してます。』
[ コメントを読む(1) | コメントする ]

2017年09月24日() [晴れ]

[Network][IPv6] さくらのネットワーク@AS9371から西日本のIPoEと接続する場合、大阪で完結するか調べてみたよ。

すべての回線が手元にあるわけじゃ無いので、さくらのネットワークからtracerouteおよびpingで確認したよ。 大阪で完結している判断基準は、8ms x2 の16msを超えると、東京に回ったと判断するよ。4-6ms なら、大阪で接続しているってことね。
もちろん経路非対称になる可能性もあるけど、戻りの遅延が大きくなっていたら、非対称で東京経由になった可能性があるね。


 BBIX:
$ traceroute6 -n 2400:2650::fffe
traceroute6 to 2400:2650::fffe (2400:2650::fffe) from 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx, 64 hops max, 12 byte packets
 1  2403:3a00:101:10::1  4.735 ms  0.199 ms  0.197 ms
 2  2001:e47:8000:60::1  0.263 ms  0.214 ms
    2001:e47:8000:61::1  0.266 ms
 3  2001:e47:8000:58::1  0.293 ms  0.330 ms  0.526 ms
 4  2001:e47:8000:16::1  0.384 ms  0.284 ms  0.283 ms
 5  2001:7fa:7:2::6939:1  0.708 ms  0.614 ms  0.653 ms
 6  2001:de8:c:2:0:1:7676:1  1.426 ms  1.387 ms  1.414 ms
 7  * * *
 8  2400:2000:bb1a:3510::2  3.032 ms
    2400:2000:bb1a:351e::2  2.896 ms
    2400:2000:bb1a:3520::2  2.955 ms
 9  * * *
10  * * *
11  * * *
12  2400:2650::fffe  8.984 ms  15.768 ms  12.621 ms
$ ping6 -c 4 2400:2650::fffe
PING6(56=40+8+8 bytes) 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx --> 2400:2650::fffe
16 bytes from 2400:2650::fffe, icmp_seq=0 hlim=51 time=6.415 ms
16 bytes from 2400:2650::fffe, icmp_seq=1 hlim=51 time=6.683 ms
16 bytes from 2400:2650::fffe, icmp_seq=2 hlim=51 time=6.519 ms
16 bytes from 2400:2650::fffe, icmp_seq=3 hlim=51 time=6.279 ms

--- 2400:2650::fffe ping6 statistics ---
4 packets transmitted, 4 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max/std-dev = 6.279/6.474/6.683/0.148 ms
$

 MF-TRANSIX:
$ traceroute6 -n 2409:0250::fffe
traceroute6 to 2409:0250::fffe (2409:250::fffe) from 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx, 64 hops max, 12 byte packets
 1  2403:3a00:101:10::1  9.702 ms  0.227 ms  0.308 ms
 2  2001:e47:8000:61::1  0.333 ms  0.275 ms
    2001:e47:8000:60::1  0.284 ms
 3  2001:e47:8000:56::1  0.340 ms  0.385 ms  0.329 ms
 4  2001:e47:8000:16::1  0.376 ms  0.341 ms  0.330 ms
 5  2001:7fa:7:2:0:5:5392:1  0.819 ms  0.685 ms  0.796 ms
 6  * * *
 7  * * *
 8  * * *
 9  * * *
10  2409:250::fffe  10.649 ms  6.861 ms  8.087 ms
$ ping6 -c4 2409:0250::fffe
PING6(56=40+8+8 bytes) 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx --> 2409:250::fffe
16 bytes from 2409:250::fffe, icmp_seq=0 hlim=55 time=5.072 ms
16 bytes from 2409:250::fffe, icmp_seq=1 hlim=55 time=7.510 ms
16 bytes from 2409:250::fffe, icmp_seq=2 hlim=55 time=4.593 ms
16 bytes from 2409:250::fffe, icmp_seq=3 hlim=55 time=4.655 ms

--- 2409:0250::fffe ping6 statistics ---
4 packets transmitted, 4 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max/std-dev = 4.593/5.458/7.510/1.199 ms
$

 JPNE:
$ traceroute6 -n 240b:0250::fffe
traceroute6 to 240b:0250::fffe (240b:250::fffe) from 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx, 64 hops max, 12 byte packets
 1  2403:3a00:101:10::1  2.282 ms  0.629 ms  0.258 ms
 2  2001:e47:8000:60::1  0.295 ms  0.234 ms
    2001:e47:8000:61::1  0.251 ms
 3  2001:e47:8000:58::1  0.290 ms  0.264 ms  0.525 ms
 4  2001:e47:8000:14::1  0.407 ms  0.325 ms  0.810 ms
 5  2001:268:f702:f4::1  0.525 ms  0.498 ms  0.506 ms
 6  2001:268:fb30:105::1  0.600 ms
    2001:268:fb30:26::1  1.466 ms
    2001:268:fb30:73::1  0.617 ms
 7  2001:268:fa00:3056::1  3.964 ms
    2001:268:fa00:3046::1  1.358 ms
    2001:268:fa00:3043::1  1.163 ms
 8  2001:268:fa00:3066::2  0.643 ms
    2001:268:fa00:3065::2  0.607 ms
    2001:268:fa00:3066::2  0.677 ms
 9  * * *
10  * * *
11  * * *
12  * * *
13  240b:250::fffe  12.827 ms  6.952 ms  7.178 ms
$
$ ping6 -c 4 240b:0250::fffe
PING6(56=40+8+8 bytes) 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx --> 240b:250::fffe
16 bytes from 240b:250::fffe, icmp_seq=0 hlim=52 time=5.336 ms
16 bytes from 240b:250::fffe, icmp_seq=1 hlim=52 time=5.636 ms
16 bytes from 240b:250::fffe, icmp_seq=2 hlim=52 time=5.440 ms
16 bytes from 240b:250::fffe, icmp_seq=3 hlim=52 time=5.374 ms

--- 240b:0250::fffe ping6 statistics ---
4 packets transmitted, 4 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max/std-dev = 5.336/5.447/5.636/0.116 ms
$

 BIGLOBE:
$ traceroute6 -n 2404:7a84::fffe
traceroute6 to 2404:7a84::fffe (2404:7a84::fffe) from 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx, 64 hops max, 12 byte packets
 1  2403:3a00:101:10::1  0.272 ms  0.201 ms  0.175 ms
 2  2001:e47:8000:61::1  0.261 ms  0.527 ms
    2001:e47:8000:60::1  0.240 ms
 3  2001:e47:8000:56::1  0.266 ms  0.317 ms  0.264 ms
 4  2001:e47:8000:14::1  0.349 ms  0.304 ms  0.296 ms
 5  2001:e47:8000:201::2  1.037 ms  0.799 ms  0.864 ms
 6  2001:260:309:3::3:9  1.233 ms  1.037 ms
    2001:260:309:4::4:9  1.062 ms
 7  * * *
 8  * * *
 9  * * *
10  * * *
11  2404:7a84::fffe  7.358 ms  9.091 ms  7.750 ms
$
$ ping6 -c 4 2404:7a84::fffe
PING6(56=40+8+8 bytes) 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx --> 2404:7a84::fffe
16 bytes from 2404:7a84::fffe, icmp_seq=0 hlim=54 time=4.290 ms
16 bytes from 2404:7a84::fffe, icmp_seq=1 hlim=54 time=4.188 ms
16 bytes from 2404:7a84::fffe, icmp_seq=2 hlim=54 time=4.555 ms
16 bytes from 2404:7a84::fffe, icmp_seq=3 hlim=54 time=4.074 ms

--- 2404:7a84::fffe ping6 statistics ---
4 packets transmitted, 4 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max/std-dev = 4.074/4.277/4.555/0.178 ms
$

 ASAHI-NET:
$ ping6 2405:6584::fffe
PING6(56=40+8+8 bytes) 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx --> 2405:6584::fffe
^C
--- 2405:6584::fffe ping6 statistics ---
2 packets transmitted, 0 packets received, 100.0% packet loss
だめだ。。。いないので、自宅のprefixに試す。
$ traceroute6 -n 2405:6587:xx::fffe
traceroute6 to 2405:6587:d700::fffe (2405:6587:d700::fffe) from 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx, 64 hops max, 12 byte packets
 1  2403:3a00:101:10::1  4.591 ms  0.187 ms  0.186 ms
 2  2001:e47:8000:60::1  0.260 ms  0.285 ms
    2001:e47:8000:61::1  0.517 ms
 3  2001:e47:8000:58::1  0.586 ms  0.353 ms  0.288 ms
 4  2001:e47:8000:17::1  0.403 ms  0.302 ms  0.262 ms
 5  2001:7fa:7:2::4685:1  0.552 ms  0.462 ms  0.425 ms
 6  2001:c28:5:f238::1  0.595 ms  1.266 ms  0.492 ms
 7  2001:c28:5:f235::2  2.511 ms  1.919 ms  1.138 ms
 8  * * *
 9  * * *
10  * * *
11  2405:6587:d700::xx  7.423 ms  7.084 ms  4.607 ms
$

$ ping6 -c 4 2405:6587:xx::fffe
PING6(56=40+8+8 bytes) 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx --> 2405:6587:d700::fffe
16 bytes from 2405:6587:xx::fffe, icmp_seq=0 hlim=54 time=17.899 ms
16 bytes from 2405:6587:xx::fffe, icmp_seq=1 hlim=54 time=5.075 ms
16 bytes from 2405:6587:xx::fffe, icmp_seq=2 hlim=54 time=5.018 ms
16 bytes from 2405:6587:xx::fffe, icmp_seq=3 hlim=54 time=5.021 ms

--- 2405:6587:xx::fffe ping6 statistics ---
4 packets transmitted, 4 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max/std-dev = 5.018/8.253/17.899/5.569 ms
$

 OCN:
$ traceroute6 -n 2400:4150::fffe
traceroute6 to 2400:4150::fffe (2400:4150::fffe) from 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx, 64 hops max, 12 byte packets
 1  2403:3a00:101:10::1  8.079 ms  0.308 ms  0.229 ms
 2  2001:e47:8000:61::1  0.252 ms  0.197 ms
    2001:e47:8000:60::1  0.232 ms
 3  2001:e47:8000:56::1  0.263 ms  0.209 ms  0.204 ms
 4  2001:e47:8000:14::1  0.351 ms  0.338 ms  0.312 ms
 5  2001:240:bb4c:1011::edfa  0.390 ms  1.025 ms  0.364 ms
 6  2001:240:bb0c:70::95  0.906 ms
    2001:240:bb0c:2b::95  0.960 ms
    2001:240:bb0c:7c::96  1.216 ms
 7  2001:240:bb0c:7d::171  0.509 ms
    2001:240:bb0c:7f::172  0.630 ms
    2001:240:bb0c:7e::171  0.461 ms
 8  * * *
 9  2001:380:c210:16::1  1.036 ms * *
10  * *
    2001:380:c210:15::2  1.244 ms
11  * * *
12  * * *
13  *
    2400:4150::fffe  12.675 ms  8.244 ms
$ ping6 -c 4 2400:4150::fffe
PING6(56=40+8+8 bytes) 2403:3a00:101:10:219:94:xx:xx --> 2400:4150::fffe
16 bytes from 2400:4150::fffe, icmp_seq=0 hlim=49 time=6.438 ms
16 bytes from 2400:4150::fffe, icmp_seq=1 hlim=49 time=6.232 ms
16 bytes from 2400:4150::fffe, icmp_seq=2 hlim=49 time=8.073 ms
16 bytes from 2400:4150::fffe, icmp_seq=3 hlim=49 time=5.086 ms

--- 2400:4150::fffe ping6 statistics ---
4 packets transmitted, 4 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max/std-dev = 5.086/6.457/8.073/1.066 ms
$

まとめとして、BBIXは直接つながっていなくて、he.net 経由で繋がってるね。無駄が多いし、あそこへんな経路流すので、まきこまれて遠くに回る可能性がある。
KDDIはトランジット経由、BIGLOBEはPrivate Peer(PNI)、Transix、AsahiNetはJPNAP大阪によるPublic Peer、OCNはなぜかIIJのトランジット経由。
GINのLooking Glassをみると、2914とは接続しているけど、OCNとなると、9371-2914-4713 と 9371-2497-4713 という二つが見えており、IIJが優先していたというところか。

ということで、AS9370 Looking Glassで確認した経路および、tracerotueの結果について、まとめてみました。

西日本で快適に遊ぶなら、BIGLOBE, MF-TRANSIX, AsahiNetでしょうか。
この要件を満たすのは、さくらのVPSぐらいしかないんだよね....

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[IPv6][NTT] そういえば、IPoEのPrefixが更新されていたのに気づいた。

さくらのAS9370 IPv6 Looking Glassからみえるルーティングについても書いてみるよ。 朝日ネットは西は西でのprefixをもらっている様子。


 NTT西日本:
[root@linux-test1 ~]# telnet 2001:a7ff:ff62:6::6 49881
Trying 2001:a7ff:ff62:6::6...
Connected to 2001:a7ff:ff62:6::6.
Escape character is '^]'.
GET /v6/route-info HTTP/1.1
Host: route-info.flets-west.jp:49881
Accept: */*
Connection: close

HTTP/1.1 200 OK
Date: Sun, 24 Sep 2017 13:34:49 GMT
Content-Type: text/plain;charset=EUC-JP
Content-Length: 516
Connection: close

0000,2017/07/07 10:27:36
2111,2001:a7ff:5e00:0000:0000:0000:0000:0000/40
2211,2001:a7ff:0000:0000:0000:0000:0000:0000/32
2212,2001:a000:0000:0000:0000:0000:0000:0000/24
2311,2001:a200:0000:0000:0000:0000:0000:0000/23
2411,2400:2650:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 SoftbankBB@AS17676(2400:2000::/20)
2412,2409:0250:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 Transix@AS55392(2409:250::/28)
2413,240b:0250:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 JPNE@AS2516(240b:240::/26)
2414,2404:7a84:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 BIGLOBE@AS2518(2404:7a80::/29)
2415,2405:6584:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 ASAHINET@4685(2405:6584::/30)
2416,2400:4150:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 OCN@4713(2400:4000::/22)
Connection closed by foreign host.

 NTT東日本:
[root@test4 tomo]# telnet route-info.flets-east.jp 49881
Trying 2404:1a8:c023:3201::15...
Connected to route-info.flets-east.jp.
Escape character is '^]'.
GET /v6/route-info HTTP/1.1
Host: route-info.flets-east.jp:49881
Accept: */*
Connection: close

HTTP/1.1 200 OK
Date: Sun, 24 Sep 2017 13:38:47 GMT
Content-Type: text/plain;charset=EUC-JP
Content-Length: 516
Connection: close

0000,2017/02/10 13:47:39
1111,2404:01a8:7e00:0000:0000:0000:0000:0000/40
1211,2404:01a8:0000:0000:0000:0000:0000:0000/32
1212,2001:0c90:0000:0000:0000:0000:0000:0000/33
1311,2408:0210:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1411,2400:2410:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 SoftbankBB@AS17676(2400:2000::/20)
1412,2409:0010:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 Transix@AS55392(2409:250::/28)
1413,240b:0010:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 JPNE@AS2516(240b:240::/26)
1414,2404:7a80:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 BIGLOBE@AS2518(2404:7a80::/29)
1415,2405:6580:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 ASAHINET@4685(2405:6580::/29)
1416,2400:4050:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30 OCN@4713(2400:4000::/22)
Connection closed by foreign host.
[root@test4 tomo]#

OCNの空間が増えている!!

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

Diary for 15 day(s)
Powered by hns HyperNikkiSystem Project




(c) Copyright 1998-2014 tomocha. All rights reserved.