title
わたしの日記は日々の出来事の鬱憤晴らしの毒だし日記がメインです。 相当病んでいます。くだを巻いています。許容出来る方のみのアクセスをお願いします。 また、この日記へのリンクは原則自由にして頂いても結構ですが、 写真への直リンクを張るのはご遠慮下さい。内容に関しては、一切保証致しません。
カテゴリ一覧 Network, Internet, IPv6, DC, NTT, Comp, Linux, Debian, FreeBSD, Windows, Server, Security, IRC, 大学, Neta, spam, , 生活, 遊び, Drive, TV, 仕事,
過去日記:



2018年05月26日() [晴れ]

[Neta][Internet] tomocha.moe ドメイン取得への道のり

オレオレTLDには気を付けよう - tomocha.moe がブロックリストに入っていたという記事を2014年7月に書き、あちこちで話題になりました。

事の発端として、ccTLDおよびgTLDしか無かった時代、絶対に重複するTLDが無かった時代に、オレオレのmoe TLDを立ち上げ、みんなで遊んでいた名残で、それが原因で、New gTLDが始まった際、ドメインの名前空間の衝突ということで、ブロック対象になっていました。 今回、そういう背景のあったブロックされていた.moeドメインがリリースされるという発表が moe TLDよりありました。

今回、このリリースで、5月22日 9:00(JST)にブロックリストに入っていたドメインが取得できるようになり、tomocha.moe が取得できるようになるはずでした。
がしかし、今回は解除されていません。そのためか、このようなTweetもありました。が、実は理由がありました。



moe TLDの中の人の気遣いで、連絡があり、「tomocha.moe」のドメインを解放するか、そのままブロックし続けるか、確認があり、タイミングの調整を行い、私が取得するという方向で調整しました。

メールの引用については事前に確認したところ、NGでしたので引用は出来ませんが、内容はこんな感じ。

こういった内容のやりとりを行い、リリースするタイミングの調整および、私の方でドメインの取得といった手順を行いました。
このあたりは、非常に秘密裏に進めていたため、外からは知るよしもありませんが、ドメインのリリース(開放)と同時に、下記のような感じでドメインが取得出来るように。

即時にドメインを取得し、DNSの設定から、サーバー側の設定、SSL証明書の取得まで一気に行い、
現在は、 https://tomocha.moe/でも同一の内容が正しくアクセス出来るようになっています。

もう、 私は年をとってしまいましたが、萌えたい方は、是非、 tomocha.moe でアクセスしてください!
私は年をとってしまいましたが、萌えたい方は、是非、 tomocha.moe でアクセスしてください!
私は年をとってしまいましたが、萌えたい方は、是非、 tomocha.moe でアクセスしてください!
私は年をとってしまいましたが、萌えたい方は、是非、 tomocha.moe でアクセスしてください!

大事なことなので4回言いました。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[Neta][Internet] 社食.com のドメイン売ります

社食.comのドメイン売ります。12万〜で希望です。

取得したのは、2013年で、当時は、ブラウザは検索バーとアドレスバーが別の為、あまりインパクトはありませんでしたが、今や、iPhoneもiOS7以降、また、PCブラウザ、特にChromeなどは、検索窓とアドレス窓が同一になり、利便性の為か、検索なのか、アドレスなのか区別が付かなくなっています。

特に、punycodeを使った日本語ドメインは、検索ワードとして認識されず、URIとして認識される糞仕様となっています。たとえば、今回のドメインもそうで、社食.com と名乗っており、実際は、 shashoku.com のドメインが本家ですが、ブラウザは、検索ワードとして認識せず、社食.com として、アクセスしてしまいます。こういったサイトが対象で、以前は、デート通.jp や 萌えデート.jp ( 2012/11/13 , 2012/12/17) というのありました。
こういうドメインは、日本語ドメインを見かけるなり、結構押さえるのが、学生の頃の趣味であったり、暇つぶしで遊んでいたりしました。もちろん、そのサイトに、広告を仕掛けて、アフィリエイトで収入を得るという糞サイトも作っていました。ただ、フィッシングやvirusなどをばらまくというサイトにはしていません。

万が一、この手法で悪意のあるサイトに仕立てられると、被害は甚大でしょう。(というか、アホだろw) ドメインを押さえずにそういうアピールしたサイト運営者にも責任があるでしょう。
そういうわけで、そろそろ維持していても仕方が無いし、お金にもならないので、売りに出そうかと。
そんなわけで、出来れば本家に買っていただきたいんですがね。
勉強料として。

12万円という根拠は、ドメイン取得から今までのサーバーの維持費という一般的な原価と思っていただいてかまいません。
それを回収しようとしているだけです。

といったところでしょうか。端数切り捨てで12万が妥当価格と考えています。

大前提として、本家に渡したいのですが、他から交渉があった場合、そちらに譲ることも考えます。
手放した後はさすがにどうなるかわかりませんが。

  『こういうのって商標がどうこうで訴訟された場合、負けますよ。 https://www.jaipa.or.jp/hosting/column4.html 「社食.com」が商標かどうかはしらんけど...。(そこまでわかっててやってるなら、それはそれで悪い人だなー)』
[ コメントを読む(1) | コメントする ]

[Network][Internet] DNS キャッシュサーバーはオープンリゾルバ

ぷららのインターネット接続障害、原因はIPv6 DNSの模様(10:23復旧済)という記事をTwitterで見かけて、ふとなんじゃらほい。とおもって調べてみました。
IPv6接続設定によると、IPv6 PPPoE用DNSキャッシュサーバーは下記の通り。

プライマリ:	2400:7800:0:3001::1:1
セカンダリ:	2400:7800:0:3001::2:1

ということで、オープンリゾルバ出あることを確認しました :)

で、本当は、DNSブロッキングの設定をしようとして、しくったんじゃないの?w

今なら、リフレクションし放題だぞっと!

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

Diary for 1 day(s)
Powered by hns HyperNikkiSystem Project




(c) Copyright 1998-2014 tomocha. All rights reserved.