title
TOP / Wiki / Diary / Profile / PC / BBS / Mail
わたしの日記は日々の出来事の鬱憤晴らしの毒だし日記がメインです。 相当病んでいます。くだを巻いています。許容出来る方のみのアクセスをお願いします。 また、この日記へのリンクは原則自由にして頂いても結構ですが、 写真への直リンクを張るのはご遠慮下さい。内容に関しては、一切保証致しません。
カテゴリ一覧 Network, Internet, IPv6, DC, NTT, Comp, Linux, Debian, FreeBSD, Windows, Server, Security, IRC, 大学, Neta, spam, , 生活, 遊び, Drive, TV, 仕事,
過去日記:



2010年07月23日(金) [晴れ]

[Life][遊び] 24日の静岡は熱い一日になるぞ

24日静岡では、大きなイベントとして3つ有る。

濃い一日、そして、交通麻痺しそうな一日でござる:)

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[遊び] キタ━━(・∀・)━━!!ガンダム!

会社帰りの通り道で撮影。
前日のガンダムはこれだw

明るいレンズが欲しいなぁ。結構キツイ。

にしても、ガンダムの制服?衣装?コスプレをした大人がたくさん居たのだが、何かイベントがあったのだろうか。
それとも関係者・スタッフだったのだろうか。女子もいたし、肌色のスカートに衣装。うーん。悩

j9  『アキバのガンダムカフェが出張ってるので、そこのスタッフさんだったかもしれませんねえ』
[ コメントを読む(1) | コメントする ]

2010年07月24日() [晴れ]

[IPv6] 【新規割振】2403:7a00::/32 ソフトバンクテレコム株式会社

[IPネットワークアドレス]        2403:7a00::/32
[組織名]                        ソフトバンクテレコム株式会社
[Organization]                  SOFTBANK TELECOM Corp.
[ネームサーバ]
[割振年月日]                    2010/07/23
[最終更新]                      2010/07/23 15:17:16(JST)
[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[遊び] 泡盛(あわもえ)

会社のBBQで持ち出された物w
それは、、、あわもえ。
まずは、パッケージです!!



ラベルはこんな感じ!



呑みやすさは、泡盛が苦手な私でもさっぱりとのめて、泡盛という感じがあんまりしない感じで美味しくいただけました。
実は余り覚えていないので、飲みやすかったと言うこと、初心者でも万人受けしそうな感じということだけは足し課のようです。

そのほか、泡盛味比べという物も持ち込まれたので、写真掲載..



ということで、 というレポートや、 ニュー速VIPブログ:萌えパッケージの泡盛 「琉Q泡盛 あわもえ」 の可愛いイラストが人気などでネタになっているようです。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2010年07月25日() [晴れ]

[Solaris][Server] datapool1 928G 288G 640G 30% DEGRADED -

# zpool list
NAME SIZE   USED  AVAIL    CAP  HEALTH  ALTROOT
datapool1   928G   288G   640G    30%  DEGRADED  -
rpool      67.5G  10.7G  56.8G    15%  ONLINE  -
# zpool status -v
  pool: datapool1
 state: DEGRADED
status: One or more devices are faulted in response to persistent errors.
        Sufficient replicas exist for the pool to continue functioning in a
        degraded state.
action: Replace the faulted device, or use 'zpool clear' to mark the device
        repaired.
 scrub: none requested
config:

        NAME        STATE     READ WRITE CKSUM
        datapool1   DEGRADED     0     0     0
          mirror    DEGRADED     0     0     0
            c9t3d0  FAULTED      3   295     0  too many errors
            c9t1d0  ONLINE       0     0     0
            c9t4d0  ONLINE       0     0     0
# iostat -En
c7t0d0           Soft Errors: 0 Hard Errors: 0 Transport Errors: 0
Vendor: LSILOGIC Product: Logical Volume   Revision: 3000 Serial No:
Size: 73.00GB <72999763968 bytes>
Media Error: 0 Device Not Ready: 0 No Device: 0 Recoverable: 0
Illegal Request: 0 Predictive Failure Analysis: 0
c9t1d0           Soft Errors: 0 Hard Errors: 0 Transport Errors: 0
Vendor: ATA      Product: ST31000528AS     Revision: CC34 Serial No:
Size: 1000.20GB <1000204886016 bytes>
Media Error: 0 Device Not Ready: 0 No Device: 0 Recoverable: 0
Illegal Request: 0 Predictive Failure Analysis: 0
c9t3d0           Soft Errors: 0 Hard Errors: 41 Transport Errors: 176
Vendor: ATA      Product: WDC WD10EADS-00M Revision: 0A01 Serial No:
Size: 1000.20GB <1000204886016 bytes>
Media Error: 0 Device Not Ready: 0 No Device: 36 Recoverable: 0
Illegal Request: 0 Predictive Failure Analysis: 0
c9t4d0           Soft Errors: 0 Hard Errors: 0 Transport Errors: 0
Vendor: ATA      Product: WDC WD10EADS-00L Revision: 1A01 Serial No:
Size: 1000.20GB <1000204886016 bytes>
Media Error: 0 Device Not Ready: 0 No Device: 0 Recoverable: 0
Illegal Request: 0 Predictive Failure Analysis: 0

抜粋してみる。

c9t3d0           Soft Errors: 0 Hard Errors: 41 Transport Errors: 176
Vendor: ATA      Product: WDC WD10EADS-00M Revision: 0A01 Serial No:
Size: 1000.20GB <1000204886016 bytes>
Media Error: 0 Device Not Ready: 0 No Device: 36 Recoverable: 0
Illegal Request: 0 Predictive Failure Analysis: 0

orz

# zpool detach datapool1 c9t3d0
# zpool status -v
  pool: datapool1
 state: ONLINE
 scrub: none requested
config:

        NAME        STATE     READ WRITE CKSUM
        datapool1   ONLINE       0     0     0
          mirror    ONLINE       0     0     0
            c9t1d0  ONLINE       0     0     0
            c9t4d0  ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors
# zpool attach datapool1 c9t4d0 c9t3d0
cannot open '/dev/dsk/c9t3d0': I/O error
# /opt/csw/sbin/smartctl -a /dev/rdsk/c9t3d0
smartctl version 5.36 [i386-pc-solaris2.8] Copyright (C) 2002-6 Bruce Allen
Home page is http://smartmontools.sourceforge.net/

Standard Inquiry (36 bytes) failed [I/O error]
Retrying with a 64 byte Standard Inquiry
Standard Inquiry (64 bytes) failed [I/O error]
A mandatory SMART command failed: exiting. To continue, add one or more '-T permissive' options.

お亡くなりに。。。

  『tomochaってエロゲするの?』
[ コメントを読む(1) | コメントする ]

2010年07月26日(月) [晴れ]

[FreeBSD] FreeBSD8.1 RELEASE

某IRCチャンネルでも話題にしていたのですが、FreeBSD8.1がリリースされたので、バージョンアップしました。

FreeBSD gw3.80 8.1-RELEASE FreeBSD 8.1-RELEASE #0: Thu Jul 22 14:43:05 JST 2010
     root@gw3.80:/usr/obj/usr/src/sys/TOMOCHA  i386

でも、色々とはまったんですよ。これが。
zfs 周りのチューニングをしているので、GENERICでつくると、メモリが足りなくて、カーネルパニックするんです。
ことで、やっちゃいました(笑)
ま、それは良いとして、微妙なバグ?があり、カーネルを正常に作れない罠にはまりました。

GENERICをまんま、コピーを取り、identだけ書き換えて、TOMOCHA を作成します。
で、歴史的やり方で作業をしてみると...

# cd /usr/src; \
  chflags -R noschg /usr/obj/usr ; \
  rm -rf /usr/obj/usr ; \
  make clean 

# cd /usr/src/sys/i386/conf/
# config TOMOCHA
Kernel build directory is ../compile/TOMOCHA
Don't forget to do ``make cleandepend && make depend''
cd ../compile/TOMOCHA
# make cleandepend && make depend
---
===> usb/run (depend)
@ -> /usr/src/sys
machine -> /usr/src/sys/i386/include
rm -f .depend
mkdep -f .depend -a   -nostdinc -D_KERNEL -DKLD_MODULE -DHAVE_KERNEL_OPTION_HEADERS
 -I. -I@ -I@/contrib/altq -I/usr/src/sys/i386/compile/TOMOCHA
  /usr/src/sys/modules/usb/run/../../../dev/usb/wlan/if_run.c
In file included from /usr/src/sys/modules/usb/run/../../../dev/usb/wlan/if_run.c:69:
./usbdevs.h:565:36: error: unterminated comment
mkdep: compile failed
*** Error code 1

Stop in /usr/src/sys/modules/usb/run.
*** Error code 1

Stop in /usr/src/sys/modules/usb.
*** Error code 1

Stop in /usr/src/sys/modules.
*** Error code 1

Stop in /usr/src/sys/i386/compile/TOMOCHA.

orz

で、新しいやり方でやってみると。。。

# cd /usr/src
# make buildkernel KERNCONF=TOMOCHA
# make installkernel KERNCONF=TOMOCHA

ちゃんといける。うーん。謎だ(T_T

この話をしたところ、

> あ、config(8) に修正入ってるけど、新しい config(8) を使ってるよね?

という神のお声があったが、ダメでした。
ピンポイントでコンパイルしたいとき意外は、色々とケアされている、buildkernelを使うのが最近の流儀のようなので、そっちを使いましょうってことで。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2010年07月28日(水) [晴れ]

[IPv6] IIJ、個人向けサービス「IIJ4U」「IIJmio」のメールサービスでIPv6ネットワークに対応

このプレスリリースが出たのでDNSを確認してみた。

IN MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
IN MX      10 mx.iij4u.or.jp.

となっており、MX 10はv4で、DNS ラウンドロビン、 MX 20 は v6 で、DNS ラウンドロビンという状態になっていた。
以前、同一のMXのレコードにAとAAAAを書くと、正しく受信出来ないという問題が、
[janog:08776] デュアルスタックのSMTP
等で報告されていたが、その辺の回避の為だろうか。

$ dig @dns0.iij.ad.jp dd.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;dd.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
dd.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
dd.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.

;; AUTHORITY SECTION:
iij4u.or.jp.            36000   IN      NS      dns0.iij.ad.jp.
iij4u.or.jp.            36000   IN      NS      dns1.iij.ad.jp.

;; ADDITIONAL SECTION:
mx.iij4u.or.jp.         600     IN      A       210.138.174.71
mx.iij4u.or.jp.         600     IN      A       210.138.174.72
mx.iij4u.or.jp.         600     IN      A       210.138.174.69
mx.iij4u.or.jp.         600     IN      A       210.138.174.70
mx6.iij4u.or.jp.        600     IN      AAAA    2001:240:bb41:8011::1:70
mx6.iij4u.or.jp.        600     IN      AAAA    2001:240:bb41:8011::1:71
mx6.iij4u.or.jp.        600     IN      AAAA    2001:240:bb41:8011::1:72
mx6.iij4u.or.jp.        600     IN      AAAA    2001:240:bb41:8011::1:69
dns0.iij.ad.jp.         86400   IN      A       210.138.174.16
dns0.iij.ad.jp.         86400   IN      AAAA    2001:240:bb41:8002::1:16
dns1.iij.ad.jp.         86400   IN      A       210.138.175.5
dns1.iij.ad.jp.         86400   IN      AAAA    2001:240:bb4c:8000::1:5

;; Query time: 28 msec
;; SERVER: 2001:240:bb41:8002::1:16#53(2001:240:bb41:8002::1:16)
;; WHEN: Wed Jul 28 17:42:11 2010
;; MSG SIZE  rcvd: 380
$ dig @dns0.iij.ad.jp ff.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;ff.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
ff.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
ff.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
$ dig @dns0.iij.ad.jp hh.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;hh.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
hh.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
hh.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
$ dig @dns0.iij.ad.jp kk.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;kk.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
kk.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
kk.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
$ dig @dns0.iij.ad.jp nn.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;nn.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
nn.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
nn.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
$ dig @dns0.iij.ad.jp pp.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;pp.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
pp.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
pp.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
$ dig @dns0.iij.ad.jp rr.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;rr.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
rr.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
rr.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
$ dig @dns0.iij.ad.jp ss.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;ss.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
ss.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
ss.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
$ dig @dns0.iij.ad.jp uu.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;uu.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
uu.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mi-stg.iij4u.or.jp.
uu.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mi6-stg.iij4u.or.jp.

;; ADDITIONAL SECTION:
mi-stg.iij4u.or.jp.     36000   IN      A       210.138.174.86
mi6-stg.iij4u.or.jp.    36000   IN      AAAA    2001:240:bb41:8011::1:86
$ dig @dns0.iij.ad.jp bc.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;bc.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
bc.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
bc.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
$ dig @dns0.iij.ad.jp bk.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;bk.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
bk.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
bk.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
$ dig @dns0.iij.ad.jp bp.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;bp.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
bp.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
bp.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
$ dig @dns0.iij.ad.jp bu.iij4u.or.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;bu.iij4u.or.jp.                        IN      MX

;; ANSWER SECTION:
bu.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      10 mx.iij4u.or.jp.
bu.iij4u.or.jp.         900     IN      MX      20 mx6.iij4u.or.jp.
[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[IPv6] IIJmio パーソナルドメインサービスもIPv6に対応

layer0.jp の木下氏が協力してくれたので、調べてみた。

$ dig @dns-d.iij.ad.jp. layer0.jp mx

;; QUESTION SECTION:
;layer0.jp.                     IN      MX

;; ANSWER SECTION:
layer0.jp.              28800   IN      MX      10 mbox-mx.iijmio.jp.
layer0.jp.              28800   IN      MX      20 mbox-mx6.iijmio.jp.

;; AUTHORITY SECTION:
layer0.jp.              28800   IN      NS      dns-d.iij.ad.jp.
layer0.jp.              28800   IN      NS      dns-e.iij.ad.jp.

$ host mbox-mx.iijmio.jp.
mbox-mx.iijmio.jp has address 210.138.77.165
mbox-mx.iijmio.jp has address 210.138.77.166

$ host mbox-mx6.iijmio.jp.
mbox-mx6.iijmio.jp has IPv6 address 2001:240:bb41:8012::1:166
mbox-mx6.iijmio.jp has IPv6 address 2001:240:bb41:8012::1:165

上記のようになっていた。
DualStack環境なFreeBSD、Postfix 2.5.6 からメールを送信してみたところ、MXの順番でしか判断していないので、IPv4でしか届かなかった。

=====
Jul 28 18:02:45 bsdsrv15 postfix/smtp[9755]: 9487B9B46D: to=<XXXXX _at_ layer0.jp>, 
relay=mbox-mx.iijmio.jp[210.138.77.166]:25, delay=0.46, delays=0.01/0/0.19/0.26, 
dsn=2.0.0, status=sent (250 2.0.0 o6S92i6R003644 Message accepted for delivery)
=====
Received: from XXXX (XXXXX [202.171.149.XXXXX])
        by mbox-mx.iijmio.jp (mi11) id o6S92i6R003644
        for <XXXXX _at_ layer0.jp>; Wed, 28 Jul 2010 18:02:44 +0900

IIJからのメールの受け取りについて実験。
受け取り側のMXがIPv6の優先度が高い状態で試すと、次のような結果になり、正しくIPv6で受け取り(IIJ側から射出)が出来た。

gyojya.jp.              3600    IN      MX      30 mx2.gyojya.jp.
gyojya.jp.              3600    IN      MX      10 mx6.gyojya.jp.
gyojya.jp.              3600    IN      MX      20 mx0.gyojya.jp.
mx6.gyojya.jp.          3600    IN      AAAA    2001:200:564::2002
mx0.gyojya.jp.          3600    IN      A       115.146.17.180
mx2.gyojya.jp.          3600    IN      A       202.171.149.235
=====
Received: from mo.iijmio.jp (mo11.iijmio.jp [IPv6:2001:240:bb41:8012::1:171])
 by mx6.gyojya.jp (Postfix)
 with ESMTP id 534579B427 for <tomo _at_ gyojya.jp>;
 Wed, 28 Jul 2010 18:16:58 +0900 (JST)

次に、下記の様に、MXに対して、AとAAAAがついているDualStackの状態で実験してみたところ、IPv4が優先された。

MX 10 hoge.example.com
A 10.10.10.10
AAAA 2001:DB8:1000::25
Received: from mo.iijmio.jp (mo11.iijmio.jp [210.138.77.171])
 by XXXXXX.XXXXXX.XXXXX (8.14.1+3.5Wbeta/8.14.1/smtpfeed 1.20)

IPv6 Only でない環境以外であれば、IPv4が優先、MXの優先順位にv6の方が高ければ、v6が利用されると言うことが分かった。

ってことは、殆どのケースでは、IPv4が優先されるのではないかと、考えられる。

ほっけ  『おいらドメインも IIJmio パーソナルドメインだよw 勝手に調べてもいいよん:-)』
[ コメントを読む(1) | コメントする ]

[IPv6] IPv6のセキュリティを検証する「IPv6技術検証協議会」設立〜MSや3キャリアが参加

独立行政法人情報通信研究機構、F5ネットワークスジャパン株式会社、KDDI株式会社、ソフトバンクBB株式会社、タレスジャパン株式会社、日本電信電話株式会社、株式会社バッファロー、パロアルトネットワークス合同会社、ブロケード コミュニケーションズシステムズ株式会社、マイクロソフト株式会社の10社・団体は共同で、IPv6(注1) の安全性、相互運用性を向上させ、安心、安定した利用を実現するため、「IPv6技術検証協議会」を7月28日(水)に設立し、活動を開始したことを発表します。企業・団体が協力して協議会を設立し、IPv6の利用環境における安全性を検証するのは、世界初の取り組みとなります。

株式会社バッファロー。。。。

ちゃんとした物(ry
駄目ルコをぬぐい取れるか!?

以前Buffaloのビジネススイッチと、CiscoとTagVLANを組んだとき、パケットロスするという相性問題が発生したのでサポートに問い合わせしたら、Cisco製品との動作検証は行っていないためサポート出来ませんとかいいやがったメーカーなので。それっきり信用しなくなりましたw

HLA  『そのBuffaloのスイッチ、BroadcomチップセットのVxWorks利用RTOSのものでした? 』
tomocha  『BSL-PS-2108MR っていう法人向けスイッチですね。 http://buffalo.jp/products/catalog/item/b/bsl-ps-2108mr/ そのあと、某イベントで展示していて、いいですよといっていたので、上記の事実を伝えて、対応してもらえなかったのですが、と営業に伝えると持ち帰ったみたいなのですが結局後日連絡がありませんでした(笑) それから、二度と使わないと決めたメーカーだったりします(笑) 』
ななし  『バッキャローの無線ってなんかNATが不安定ですよね。。』
HLA  『ファームの中まで見てはいませんが、こっそりv1.1.2辺りで修正されていそうな雰囲気ですね。』
HLA  『ReleaseNoteを見てみると同様の修正が何回か。これとは違いますが、マスマーケット向けの他社さんもテストベッド有効活用して欲しいですね。』
  『天下のKDDI様もお墨付きのバッファローがシスコなんて「聞いたこともないメーカー」の製品との動作検証なんかしてるわけないじゃありませんかw http://d.hatena.ne.jp/magisystem/20081117#1226899540』
tomocha  『そういうの有りましたね。ととちゃんのサイト、ネタ豊富でいいね。どういう付き合いしたら・・・(ry』
[ コメントを読む(7) | コメントする ]

[IPv6] 【新規割振】2403:8a00::/32 アクセリア株式会社

[IPネットワークアドレス]        2403:8a00::/32
[ネットワーク名]
[組織名]                        アクセリア株式会社
[管理者連絡窓口]                TT11297JP
[技術連絡担当者]                TT11297JP
[Abuse]                         ttakeda _at_ accelia.net
[ネームサーバ]
[割振年月日]                    2010/07/27
[最終更新]                      2010/07/27 11:03:39(JST)

abuse に普通の担当者のメールアドレスが入っているのは初めて見た。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

2010年07月29日(木) [晴れ]

[Internet][Network] janog とGoogleで検索すると。。

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

Diary for 6 day(s)
Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project




(c) Copyright 1998-2014 tomocha. All rights reserved.