title
TOP / Wiki / Diary / Profile / PC / BBS / Mail
わたしの日記は日々の出来事の鬱憤晴らしの毒だし日記がメインです。 相当病んでいます。くだを巻いています。許容出来る方のみのアクセスをお願いします。 また、この日記へのリンクは原則自由にして頂いても結構ですが、 写真への直リンクを張るのはご遠慮下さい。内容に関しては、一切保証致しません。
カテゴリ一覧 Network, Internet, IPv6, DC, NTT, Comp, Linux, Debian, FreeBSD, Windows, Server, Security, IRC, 大学, Neta, spam, , 生活, 遊び, Drive, TV, 仕事,
過去日記:



2010年06月08日(火) [晴れ]

[IPv6] 【新規割振】2402:c200::/32 株式会社エディオンWEST

[IPネットワークアドレス]        2402:c200::/32
[ネットワーク名]
[組織名]                        株式会社エディオンWEST
[Organization]                  EDION WEST Corporation
[Abuse]                         abuse@enjoy.ad.jp
[ネームサーバ]
[割振年月日]                    2010/06/08
[最終更新]                      2010/06/08 11:07:09(JST)
[ コメントを読む(0) | コメントする ]

[FreeBSD] FreeBSD8.1 PRERELEASE on zfs

$ zpool upgrade
This system is currently running ZFS pool version 14.

ということで、 ZFS pool version 14.となっていたようです。
サポートされているVersionの詳細については次の通り。

The following versions are supported:

VER DESCRIPTION
---  --------------------------------------------------------
 1   Initial ZFS version
 2   Ditto blocks (replicated metadata)
 3   Hot spares and double parity RAID-Z
 4   zpool history
 5   Compression using the gzip algorithm
 6   bootfs pool property
 7   Separate intent log devices
 8   Delegated administration
 9   refquota and refreservation properties
 10  Cache devices
 11  Improved scrub performance
 12  Snapshot properties
 13  snapused property
 14  passthrough-x aclinherit support
For more information on a particular version, including supported releases, see:

http://www.opensolaris.org/os/community/zfs/version/N

Where 'N' is the version number.

OpenSolaris では、ZFS pool version 24 まで、育ってるんですか。ぶくぶく。

ということで、ML115が電気食い過ぎる&FreeBSD8のcurrent を追っかけていたら、いつの間にか、FreeBSD9-Currentになっていて、悲しいことになり、さらには、いつまで経ってもIPv6が使えず地雷が有るという経緯から、今回入れ直すことにしました。ちょうど、FreeBSD 8.1 PRERELEASEがでたということも有りまして。。。評価の対象として(笑)、入れ替えをおこなうことにしました。といっても、 サーバラックワインセラーwwwにいれて、ずっと入れて、きれいにしたかったので、 NEC Express5800/i110Ra-1h(PentiumM 1.73GHz/2GB/300GB+750GB)というパソコン(あえて、パソコンなんですっ!)にインストール。
最初、Express5800/i110Rb-1h CoreDuoT2500 にamd64版をインストールをおこなったら、not support x64 といわれ、、。32bitCPUだったということで、結局諦めて、カーネル作り直さないといけないやん。それなら、もっと電気の食わないPentium-Mのモデルでいいやということ。
今回も、FreeBSDでzfsを使い、NASを作るのが目的なので、さほどスペックは必用なく、電気の食わないパソコンで、省スペース、ラックの中に入るのを捜していた。
だって、サーバラックの上に置くと、キッチンなので・・・べっとり(以下略)

ということで、インストール中の光景。

まず、FreeBSD8-PRERELEASEのisoイメージをダウンロードし、CDRに焼き付け、いつも通りFreeBSDをインストール。
そのあと、kernel source をcsupで持ってきます。

# mkdir /etc/csup
# cp /usr/share/examples/cvsup/stable-supfile /etc/csup
# vi /etc/csup/stable-supfile
 -----
*default host=cvsup4.jp.FreeBSD.org     <-書き換えた個所
*default release=cvs tag=RELENG_8       <-書き換えた個所
# csup /etc/csup/stable-supfile

時間がかかりますが、モリモリと、/usr/src にカーネルソースがcheck out されます。
完了したら、カーネル再構築(KVA_PAGESの再設定、不要なカーネルモジュールの削除)をおこないます。

今回の大きな目的は、KVA_PAGESの再設定。zfsは、たくさんのメモリを使用することから、チューニングをおこないます。
また、i386では、デフォルトで、最大kmemサイズは300MBと指定(?)されている事から、実際にzfsで使用出来るメモリは殆どなく、そのままではまともに動作しません。
また、デフォルトの KVA_PAGES=260 となっており、カーネルの仮想アドレス空間の最大は、*4MBとなるため、1040Mとなります。安全ラインとして、1024MBがいいところでしょう。その範囲で、kmem_size の最大値が決まります。
チューニングしない場合、kmem_sizeの最大が1024MB、zfsが使えるのは恐らく700MB前後が安全ラインとなると思いますが、今回、搭載メモリが2GBあり、1.5GBまで使用したいので、KVA_PAGES=512 でコンパイルします。KVA_PAGES=384とかでもいいですが、ギリギリ運用は余りよろしくないのではないかということで、512としています。
そうすれば、安全に、1G程度まで、arc cache を確保することが出来筈です。
サイズが決まったら、カーネル再構築をはじめます。

# cd /usr/src/sys/i386/conf
# cp GENERIC TOMOCHA
# vi TOMOCHA            <- 編集
 -----
# diff GENERIC TOMOCHA  <- 差分の表示
24c24,27
< ident         GENERIC
---
> ident         TOMOCHA
>
>
> options         KVA_PAGES=512

# config TOMOCHA
Kernel build directory is ../compile/TOMOCHA
Don't forget to do ``make cleandepend && make depend''

# cd ../compile/TOMOCHA
# make cleandepend && make depend && make && make install

カーネルの再構築については、 Chapter 8. FreeBSD カーネルのコンフィグレーションを参照して下さい。伝統的な方法で作業をしました。メッセージがそう表示されますから...

ちなみに、このシステムでは不要なRAIDカード、無線LAN等のNIC、サウンドを抜くだけで、コンパイルが10分程度で完了しました。結構早いです。

無事に終わったら、システムの再起動をおこない、問題がないかを確認します。
インストールしたカーネルでシステムが正しく起動しない場合は、 8.6. 問題が起きた場合にはを確認します。てっとりばやくいうと、起動時に、unloadし、 boot kernel.old すればよいでしょう。

さて、次は、/boot/loaer.conf の修正です。kmem_size, kmem_size_max, vfs.zfs.arc_max, vfs.zfs.vdev.cache.size は起動時にしか反映出来ないため、設定後、再起動する必用があります。

詳細については、 ZFSTuningGuide及び、 和訳FreeBSD で ZFS を使う為の調整: uyota 匠の一手当たりを参照して下さい。ちなみに、756MB時の最小構成設定では、zfs.arc_max=40M となっていますが、私の環境ではカーネルパニックし、10MBまで減らせばカーネルパニックするようなことはありませんでした(数十万ファイルのディレクトリを触るとパニックした)。

# vi /boot/loader.conf
-----
zfs_load="YES"
vm.kmem_size="1536M"
vm.kmem_size_max="1536M"
vfs.zfs.arc_max="1024M"
vfs.zfs.prefetch_disable="1"

設定を誤り、もし起動出来なくなった場合、loader で、single user mode / safe mode にしても起動出来ないため、loader が起動したときに6番を選択すると、loader.conf のパラメータを変更することが出来ます。
その設定変更のところで、下記のような漢字で入力し、起動するパラメータに置きかえてください。

set vm.kmem_size="1024M"
set vm.kmem_size_max="1024M"
set vfs.zfs.arc_max="768M"
boot

show で現在のパラメータを見ることも可能です。
パラメータの削除はunset vm.kmem_size とすれば、削除出来ます。

アドバイスを頂いた、hrsさん、norkさん。ありがとうございます。

ということで、無事に設定が終わり、設置も完了したところで、写真をぱしゃり。

ルータと同化してしまいました。ハーフサイズって、良いですね。小さくて。

てことで、ラックの上もきれいになりました。

すっきりすっきり♪

m-bird  『台所広いっすねぇ……いいなあ……』
みみなし  『かわった冷蔵庫ですね』
[ コメントを読む(2) | コメントする ]

[] 出会い系?という名のイベントに参加した

静岡駅前の魚彩でおこなわれた第一回目の 静岡webデベロッパーフォーラム飲み会というやつ。
ま、参加者の殆どは知り合いっつー。

で、ごくごく普通の飲み会メニュー。



参加した女子2人(同じ会社の人)の話し曰く、会社の社長が合コンだと思ってお小遣いくれた&行っておいでという感じで会社を出たとか。
超素敵な社長さん。

で、一緒に参加していた、tomof さんが、ipad を持っていて、モテモテ。
こういう場のWeb系女子にはモテるようで、合コンには必須アイテムかも!?

で、こんなソフトも公開されているようで、ほんと、合コン向きアイテム(違





あなたとの相性、Love運はいかが・・・?

[ コメントを読む(0) | コメントする ]

Diary for 1 day(s)
Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project




(c) Copyright 1998-2014 tomocha. All rights reserved.